スズキ株式会社の予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を搭載した小型乗用車「ソリオ/ソリオ バンディット」※1が、平成30年度JNCAP※2予防安全性能評価において、最高評価となる「ASV※3+++(トリプルプラス)」を獲得した。また、小型乗用車「クロスビー」※4が、平成30年度JNCAP※2衝突安全性能評価において、最高評価となる「ファイブスター賞」を受賞した。

 JNCAP※2は、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA※5)が自動車の安全性能を評価し、結果を公表する制度である。



 予防安全性能評価は、予防安全装置の性能を評価するもので、「衝突被害軽減制動制御装置[対車両]」「衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者]」「車線逸脱抑制装置等」「後方視界情報提供装置」「高機能前照灯」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」の評価点を合計したものとして、今年度より4段階の評価が行われ、「ASV+++」が最高評価となる。



 衝突安全性能評価は、自動車の総合的な衝突安全性能を評価するもので、「乗員保護性能評価」「歩行者保護性能評価」「座席ベルトの非装着時警報装置(シートベルトリマインダー)評価」の3項目での評価点を合計したものとして、5段階の総合評価が行われ、「ファイブスター」が最高評価となる。

クロスビーに用いられる新軽量衝撃吸収ボディー「テクト」

※1 対象車は、ソリオ HYBRID SZ、HYBRID SX、HYBRID MZ、HYBRID MX(スズキ セーフティ サポート装着車)の全方位モニター用カメラパッケージ装着車。及びソリオ バンディット HYBRID SV、HYBRID MVの全方位モニター用カメラパッケージ装着車。全方位モニターは対応ナビゲーションの装着を前提とした仕様。

※2 JNCAP:Japan New Car Assessment Program

※3 ASV:Advanced Safety Vehicle

※4 対象車は、クロスビー HYBRID MZ、HYBRID MX スズキ セーフティ サポートパッケージ装着車。

※5 NASVA:National Agency for Automotive Safety and Victims’ Aid

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スズキ、平成30年度JNCAPで小型乗用車2車種が最高評価