ホンダVFR800Fに新色が追加され、伝統のトリコロールカラーが復活した。合わせてETC2.0が標準装備され、2019年3月8日に発売されるという。

伝統のトリコロールが復活

 贅沢なV4エンジンがもたらす力強いビート感と伸びやかな加速が魅力のホンダVFR800Fが年次改良を受け、新たにETC2.0が標準装備された。



 目玉はカラーリングで、従来から引き続き採用されるヴィクトリーレッド(2018年12月14日発売)に加え、新カラーとして伝統のトリコロールカラー「パールグレアホワイト」が登場するのだ(19年3月8日発売)。



 トリコロールカラーはホンダのスポーツモデル全体のイメージカラーだが、今回の新色はとくに1980年代にアメリカのレースシーンで活躍した「VFR750Fインターセプター」にインスパイアされたもので、サイドカウルに「INTERCEPTOR」ロゴを配するとともに、フレームにシルバー、ホイールにパールホワイトの塗装が施されている。



 現行VFR800Fはどちらかというと大人のツアラーというキャラクターが強いが、こうしてトリコロールカラーをまとった途端、一気にレーシングなムードが高まるから不思議だ。



VFRにはやはりトリコロールカラーが似合う。

1987年式VFR750R。日本でVFRといえば、こちらの印象が強いという人も多いだろう。

VFR800F ヴィクトリーレッド:141万9120 円

VFR800F パールグレアホワイト(トリコロール)149万4720 円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 やっぱりVFRはこの色! ホンダVFR800Fに新カラーが追加【HONDA VFR800F】発売は2019年3月8日