LLクラスミニバンをよりラグジュアリーにした2列シート仕様のスペシャルモデル



広大なスペースをパッセンジャーがゆったりと満喫できる、新時代のエグゼクティブカーとも言えるのが3列目シートを取り去ったこれらの“4人乗り”ミニバン。その魅力は予想以上のものだ。

LLクラスとは?



全長は4900㎜、全幅と全高は1800㎜を超える堂々としたボディサイズと迫力のあるルックスがLLクラスの特徴。大柄な体躯を活かした広い室内は上質なインテリアを持ち、豪華な装備も与えられる。300万円台からラインナップされるものの、トップグレードは800万円を超える。

①ロイヤルラウンジ・・・トヨタ・アルファード/ヴェルファイア

パワートレーンはハイブリッドとV6エンジンが用意され、外観も標準系/エアロ系が選択可能。最廉価でも1500万円オーバー!という、まさに憧れの超高級車だ。
トヨタ・アルファード
トヨタ・ヴェルファイア


「エグゼクティブラウンジ」の2列目席よりも大型化された後席。頭部もカバーする背もたれや、エアバッグによるマッサージ機能を備えており、足元空間は約600㎜を確保する。

前席後方には24インチ大型ディスプレイも備わるフルパーテーションが装備され、後席乗員のプライベートは完璧。ドライバーとの会話はインターフォン経由だ。

500㎖ペットボトル5本が収まる冷蔵庫
LED照明付きの荷室床下収納


フルフラットまでリクライニングが可能
タッチパネルの集中コントローラー



トヨタ・アルファード /ヴェルファイアが人気のミニバンLLクラスは上質かつ豪華なラグジュアリーサルーン【写真で見るライバル比較シリーズ】

②VIP・・・日産・エルグランド

V6エンジンの「350ハイウェイスタープレミアム」をベースとした特別仕様車がこの“VIP”。3列シート車も設定されるが、やはり注目は2列4名乗り仕様だろう。大型アームレストを持つ専用の後席には電動リクライニング/オットマンも装備。前方のキャビネットや、快適性を重視した専用タイヤで差別化している。
日産・エルグランド

助手席側にはオートスライドドアと連動する、LEDイルミネーション付きのステップが追加されており、乗降性が高められている。
マガジンラックと時計、アッパーとロワのふたつの大型収納スペースを持つキャビネットはLEDダウンライトも装備。助手席側の後席前スペースが広く取られている。


日産エルグランドに漆黒のフロントマスクで迫力をアップした特別仕様車「ジェットブラックアーバンクロム」現る!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタ・アルファード/ヴェルファイアのスペシャルモデルは究極の大空間!ミニバンLLクラス2列シート仕様の魅力