ドライブレコーダーの購入を検討しているものの、ホームページやカタログで聞いたことがない言葉に戸惑ったという人も多いはず。今回はドライブレコーダーに関連する用語を詳しく解説しよう。

REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

カーナビ連動モデル

これはパナソニックのカーナビ・ストラーダCN-F1XVDと専用ドライブレコーダー・CA-DR02SDを組み合わせた場合の記録映像再生画面。

 カーナビ連動モデルはカーナビのオプション品として設定されているもの。ドラレコの設定操作をタッチパネルで行え、記録映像をナビの大きな画面に表示できて使い勝手抜群だ。最近ではイクリプス録ナビのようにドラレコを内蔵したカーナビや、カロッツェリアサイバーナビのようにドラレコ機能を備えたカーナビもある。

2カメラモデル

今年のはじめから後方も撮影できる2カメラモデルの人気が高まっている。写真はケンウッドDRV-MR740。

 本体内蔵のカメラで車両の前方を撮影し、付属のサブカメラで車両の後方や室内を撮影できるモデル。後方が撮影できればあおり運転や追突にも対応ができ、室内が撮影できれば暴漢の乗り込みや車上荒らし(駐車記録機能と併用)にも対応できる。なお2つのカメラの映像は別々のファイルに同時に記録が可能だ。

全天周/全天球モデル

全天球モデルのカーメイト ダクション360Sでは車内のすべてと窓から見える車両周囲の状況を撮影。

 全天周モデルは360度を撮影できるカメラを下向きに搭載。ウインドーの中央部分より下の室内と窓から見える車両周囲の状況を捉えられる。また、全天球モデルでは360度を撮影できるカメラを2基搭載し、車内のすべてと窓から見える車両周囲の状況を捉えられる。専用PCビュワーやスマホアプリで見やすく画像を補正する。

駐車記録

ドライブレコーダーが車載の監視カメラとして使えるのは嬉しい。当て逃げや車上荒らしなどに効果を発揮。

 ドライブレコーダーを監視カメラとして使えるようになる機能。エンジンを切ると待機状態となり、車両に振動が加わったり、周囲に人がうろついたりすると自動的に録画を開始する。バッテリー内蔵で標準機能の機種もあるが、多くの機種では電源ケーブル(車両から常時電源を取得)などオプションパーツが必要だ。

運転支援

表示と音でドライバーに注意を促す。ユピテルのモデルは写真のようにアイコンが画面に現われる。

 カメラで捉えた車両前方の映像を分析し、ドライバーに注意を促す機能。信号待ちでの前方車両の発進や、走行中の前車への近づきすぎ(一定速度以上で作動)、車線からのはみ出しなどを知らせてくれる。多くの機種はディスプレイにアイコンの表示を行い、同時に警告音を鳴らす。安全運転に貢献する便利な機能といえる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 今さら聞けない! ドライブレコーダー用語辞典 #3 【CAR MONO図鑑】