トヨタの北米現地法人は11月28日、プリウスの2019モデルの画像を公開した。まもなく開幕するLAオートショーで実車が初お目見えとなることが既に発表されている。

 2015年にデビューした四代目プリウスはそろそろマイナーチェンジの時期。エクステリアを大幅に刷新することが予想されていたが、その予想通りの大掛かりな変更が加えられている。





 現行モデルで特徴的だった、鋭い目つきのヘッドライトと上下に走るテールライトはご覧の通り、オーソドックスな形態となり印象を一新。プリウスPHEVとも異なる新しいいイメージを得ている。



 インテリアでは、プリウスPHEVに搭載されていた縦型の大型11.6インチディスプレイを上級グレードに設定。JBLオーディオも標準装備される。



 また、独立した電気式マグネットレスリヤモーター(トヨタ初)で後輪を駆動する四輪駆動のAWD-eも設定。「もっとも燃費のよい全輪駆動車のひとつ」とアピールする。



 LAオートショー開幕後に、実車カットやより詳しい情報をお届けする予定だ。こちらもぜひチェックしていただきたい。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【速報! 新型TOYOTA PRIUS】フェイスリフトを行なった新型プリウスのスタイリングを北米トヨタが公開!