旬なクルマの情報を網羅した「モーターファン別冊 統括シリーズ」。今回は「Vol.106 2018-2019年国産&輸入SUVのすべて」から「トヨタ・ランドクルーザー プラド」の一部を抜粋してご紹介。



レポート=安藤 眞[本文]/塚田勝弘[写真解説] フォト=井上 誠

操舵が軽快なガソリン車と加速力十分なディーゼル車

 クロスオーバーSUVが主流の現在にあって、本格クロスカントリー4WDを出自に持つランドクルーザー プラド。その海外仕様は、辺境の地や鉱山などでワークホースとして活躍し、高い信頼を得ている。



 シャシーはラダーフレーム構造を採用。ボディの3倍程度の分厚い鋼板で組まれたハシゴ型のフレームの上に、ラバーマウントを介してボディが載せられる。強固なフレームは、岩に乗り上げた程度では音を上げない。カタログ上は同じ最低地上高を持つクロスオーバーSUVとは、現実世界で大きな差となる部分だ。



 搭載されるエンジンは、2.7ℓのガソリンエンジンと、2.8ℓのディーゼルターボエンジンの2機種。後者は4.0ℓ V6に替わって2015年6月に搭載された新世代エンジンで、排ガス浄化システムには最も効果の高い尿素SCRを採用した。



 ディーゼルエンジンのトルク特性は、比較的フラット。驚くような加速力はないが、必要な速度にはすぐに達してしまう実力を持つ。ガソリンエンジンのパワーは必要十分レベルだが、エンジン重量が軽いため、操縦性能には軽快感がある。



 2017年9月に二度目のマイナーチェンジが実施され、フロントマスクを一新。有機的な表情から、シャープな表情へと変貌を遂げた。さらに、運転支援システムはトヨタセーフティセンスPを全車標準装備化し、安全性の向上も実施。最上級の「TZ-G」グレードには、リヤにトルセン式LSDを標準装備化するなど、走行性能の向上も図られた。

メーターを含めてダッシュボードの意匠も変更され、エアコン吹き出し口の上端を下げることで前方の視認性を向上。ナビが薄型のタブレット状に設計されたほか、専用加飾付きのステアリングホイールも握りやすい形状に変わっている。

1列目助手席シート高:840mm

3列目
2列目シート高:850mm


 1列目は大きく、厚みのあるシートで座り心地は良好。2 列目は座面がややフラットで後傾角が不足気味なので、深く腰掛けるような姿勢にはなりにくい。3 列目は床から座面までが低く、膝を抱えるような姿勢になる。ウォークインは助手席側に用意される。

フロントはヘッドランプとグリルの一体感が強調された最新SUVらしい顔つきになり、リヤは特徴的なコンビランプの張り出し感を抑制することでスタイリッシュに。

TZ-G

全長×全幅×全高(㎜):4825×1885×1835

室内長×室内幅×室内高(㎜):2520×1565×1240

ホイールベース(㎜):2790

トレッド(㎜) 前/後:1585/1585

車両重量(㎏):2320

エンジン種類:直列4気筒DOHCディーゼルターボ

総排気量(㏄):2754

最高出力(kW[㎰]/rpm):130[177]/3400

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):450[45.9]/1600-2400

燃料タンク容量(ℓ):87(軽油)

トランスミッション形式:6速AT

駆動方式:4WD

タイヤ・サイズ:265/55R19

最小回転半径(m):5.8

JC08モード燃費(㎞/ℓ):11.2

車両本体価格:536万3280円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタ・ランドクルーザー プラド:ボディの3倍分厚い鋼板で組んだフレームが誇る、辺境の地でも活躍できる高い信頼度