旬なクルマの情報を網羅した「モーターファン別冊 統括シリーズ」。今回は「Vol.106 2018-2019年国産&輸入SUVのすべて」から「トヨタ・ハリアー」の一部を抜粋してご紹介。



レポート=岡本幸一郎[本文]/塚田勝弘[写真解説] フォト=中野幸次 モデル=住吉史衣

安全装備強化と上質な内外装 ターボ車の吹け上がりは爽快

 一度は消滅したものの復活し、その後はたびたび納期遅れが話題に上がるほどの人気を見せているハリアー。現行型の登場から4年目となる2017年6月のマイナーチェンジで内外装のリフレッシュ、安全装備の充実など多岐にわたる改良とともに、直噴ターボエンジンを追加。これによりハリアーは3タイプの動力源が選べるようになった。



 件のガソリン直噴ターボは、最高出力がNXに対して7㎰低い。その理由はNXでは専用にリヤフロアを新設してサブマフラー容量を拡大して背圧を低減しているところ、もともと8AR-FTS型を搭載する予定のなかったハリアーはその備えがなかった。とはいえドライブフィールに不足を感じることはない。



 いかにもターボらしいトップエンドに掛けての伸びやかな吹け上がりが気持ち良く、スポーツユニットとして位置付けられていることが伝わってくるし、新設のスポーツモードを選ぶとレスポンスが鋭くなる。



 最近では走りにひとクセあるクルマが増えてきた中で、ハリアーの素直な走り味には、改めて好印象を抱くが、18インチタイヤを履き、前後にパフォーマンスダンパーを搭載するターボ車は、操舵に対する応答遅れもなく、スッキリとした回頭性を持ち合わせている。一方、バネ上制振制御を行なうハイブリッド車はフラット感が高い。



 インテリアの雰囲気も、このクラスでは望外といえるほど。あらゆるところがそつなく良くまとまっている。まだ当面は人気を維持しそうだ。

質感の高さが同車の見どころで、内装色はブラック、ブラック&レッド、ディープボルドーなどを設定。本革ステアリングも赤ステッチ+ディンプル加工など、内装色に合わせた加飾を用意する。9.2型ナビは標準またはオプションだ。

後席シート高:770mm
前席助手席シート高:730mm


 前後席ともシートサイズが大きいのが美点。身長171cmの筆者なら後席は頭上も足元も広く感じられるうえに、リヤにはリクライニング機構も備わる。ターボ車のシート地はスエードと合成皮革のコンビで、ナッパ本革は「レザーパッケージ」に設定する。

2017年6月のマイナーチェンジで、ロワグリルをワイドにすることで迫力ある顔付きになった。さらに、赤面発光のリヤコンビLEDランプや内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルターンランプにより新しさを感じさせる外観に変身した。

PROGRESS

全長×全幅×全高(㎜):4725×1835×1690

室内長×室内幅×室内高(㎜):1965×1480×1220

ホイールベース(㎜):2660

トレッド(㎜) 前/後:1560/1560

車両重量(㎏):1730

エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ

総排気量(㏄):1998

最高出力(kW[㎰]/rpm):170[231]/5200-5600

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):350[35.7]/1650-4000

燃料タンク容量(ℓ):60(プレミアム)

トランスミッション形式:6速AT

駆動方式:4WD

タイヤ・サイズ:235/55R18

最小回転半径(m: 5.6

JC08モード燃費(㎞/ℓ):12.8

車両本体価格:424万4400円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタ・ハリアー:いかにもターボな吹け上がりが気持ちいい、クラスを超えた上質な内装は今後も高い人気を維持