ホンダはイタリア・ミラノで開催されるEICMA2018(プレスデー:11月6日~7日、一般公開:11月8日~11日)に出展するヨーロッパ向け2019年モデルを発表した。

 今回世界初披露となったのは、以下の5車種。いずれも500cc〜650ccのミドルクラスとなっている。

ホンダ・CB650R

CB650R

 CB125R、CB250R、CB1000Rを展開する「ネオ・スポーツ・カフェ」に、650ccモデルが加わった。直列4気筒エンジン、Hondaセレクタブルコントロール、アシストスリッパークラッチといったスポーツライドを堪能できるスペックが奢られる。

ホンダ・CBR650R

CBR650R

 CBR650Fの後継モデル。スーパースポーツモデル「CBR1000RR Fireblade」を彷彿させるスタイリングが特徴。高回転域での出力を高めたパワーユニットによってスポーツモデルとしての性能を向上させている。

ホンダ・CB500F、CB500R、CB500X

CB500F

CB500R
CB500X


 いずれのモデルも低中回転域トルクの力強さで定評のある直列2気筒エンジンを搭載。CB500Fはシャープなボディラインを採用したネイキッドスポーツ、CBR500RはCBR1000RR Firebladeのイメージを踏襲。CB500Xはフロント19インチホイールを採用したアドベンチャーモデルと、三車三様の仕上がりとしている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダから世界初公開モデルが一挙5車! CB650R、CBR650R、CB500F、CBR500R、CB500X