フォルクスワーゲン・パサートにオールトラックが追加された。ヴァリアントをベースに駆動をAWDとし、車高をアップするなどして悪路走破性を向上させたオールラウンダーだ。

 フォルクスワーゲン・パサートに待望のAWDモデル、「オールトラック」が追加された。ディーゼルエンジンのTDIによる優れた走行性能と経済性、そしてラフロードも楽に走破する機能性を併せ持つ魅力的なモデルだ。

 パサート・ヴァリアントの車高を30mmアップしタコとにより悪路での走破性が向上。また専用のバンパーやブラックのホイールエクステンション、サイドシルがボディを小キズから守り、またワイルドな印象も与えてくれる。それだけでなく、30km/h以下で急勾配を下るとき、車速を自動制御するヒルディセントコントロールの装備や、ラフロード走行時にアクセルペダルの特性を変更してより繊細なアクセルコントロールを可能とする機能を備えるなど、オールトラックならではのオフロード機能を装備している・

 エンジンは定評のある2.0LTDIで140kW(190ps)、400Nm(40.8kgm)を発揮。6速DSGとの組み合わせにより、あらゆるシチュエーションで優れた経済性と力強い走りを実現する。もちろん駆動はAWDで、これは現行パサートとしては初めてだ。



 グレードは標準仕様のTDI 4モーションとより充実した装備を持つTDI 4モーション・アドバンスの2種類。価格はTDI 4モーションが509万9000円、TDI 4モーション・アドバンスが569万9000円となる。



情報提供元:MotorFan
記事名:「 パサートにAWD&ディーゼルのオールトラックが登場!