ジェイテクトは、高精度な加工を実現する大型CNC円筒研削盤GE6iシリーズを開発し、11月1日より販売を開始する。

 2014年、『誰でも簡単に高度なモノづくりができる機械』をコンセプトにCNC円筒研削盤「GE4i」を開発し、多くの顧客から好評を得た。2016年には小型モデル「GE3i」の開発を行い、さらに本年は全長4mにも及ぶ大物工作物を研削可能な「GE6i」を開発した。

 「GE6i」は従来機「GE6Ⅱ」をモデルチェンジし、クーラント熱の影響を低減するアイソレーションカバーの採用やIoT時代に対応する「TOYOPUC-Touch」を搭載。また熟練作業者でも扱い易い様に油圧機感覚のハンドル仕様(PROモデル)を新たにラインナップに追加した。販売目標は年間15台(シリーズ合計)。







①安定した研削精度

1) 熱を遮断するアイソレーションカバー(追加機能)

アイソレーションカバーを搭載することによりベッドとの間に空気層をつくり、クーラント熱がベッドに伝わることによる熱の影響を低減

2) TOYODA STAT BEARING

研削盤の心臓部であるといし軸には、静圧と動圧を組み合わせたハイブリッドタイプの「TOYODA STAT BEARING」を採用。金属接触がないため摩擦が少なく長寿命であることと、剛性と減衰性能が高い構造により高精度な研削を実現

3) 高精度送り機構

長期に渡り高精度な研削加工を安定して使用できるように、ボールねじのうねりを遮断するジェイテクト独自のテーブル送り機構を採用。ボールねじのうねりをテーブルに影響させないことで真直度や面性状を向上



②人にやさしいらくらく操作

1) 最新HMI搭載(追加機能)

IoE時代のHMI TOYOPUC-Touchを標準搭載。ディスプレイの大型化による視認性向上やスマホライクな操作感により操作性を向上。また部品の交換時期をお知らせする機能により計画保守のサポートや稼働実績、加工実績表示により生産管理や改善をサポート

2) 単品加工の効率向上

めんどうな条件設定を不要とし、必要最低限の入力データ数で自動決定



③大物研削特有の豊富なオプション

1) 工作主軸回転数の調整範囲を入力するだけで表面品位を向上(表面のうねりを55%低減)(追加機能)

2) ロール等で要求されるRクラウニング トラバース研削サイクルにより生産性向上

3) 工作物質量の重い工作物を研削するために、工作物質量1,000㎏対応の主軸台、心押台を準備

4) スイベルテーブルにセンサを取付けデジタル表示することにより、テーパー角度違いの段取り替えを容易化



④GE6iにプロ仕様を新たにラインナップ

1) ハンドル採用により油圧機の操作性をNC機で実現(追加機能)

1台の機械で熟練技能者は油圧機感覚のハンドルで使用、経験の浅い作業者はNC機としての使用を両立

2) カスタマイズ可能な前面操作パネル

前面ハンドルの操作パネルは、顧客の要望に応じてカスタマイズ可能

主な製品仕様

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ジェイテクト:大型CNC円筒研削盤「GE6i」シリーズを開発、販売開始