メルセデス・ベンツSクラス
BMW7シリーズ


 運転好きのモーターファンにとっては縁遠い存在かもしれないが、安楽な後席で移動する会社の重役は実在する。まあ、そういう法人需要のほとんどが日本の誇るショーファードリブンマシンのクラウンやセンチュリーに支配されているのだが、ドイツ御三家のリムジンは日本にもラインナップ上は導入されている。



 そんなわけで日本上陸をはたしたばかりのアウディA8とメルセデス・ベンツSクラス、BMW7シリーズのロングホイールベースモデルのサイズなどを並べて比較してみた。グレードはAMGやMなどのとんがり系ではなく、そこそこハイエンドグレードからエンジンと価格が揃うように選んだ。

まずは寸法から見てみよう



アウディA8 L 60 TFSIクワトロ

全長×全幅×全高=5300×1945×1485mm

ホイールベース=3130mm

車両重量=2180kg



メルセデス・ベンツS560 4マティック・ロング

全長×全幅×全高=5255×1900×1495mm

ホイールベース=3165mm

車両重量=2220kg



BMW 750Li Mスポーツ

全長×全幅×全高=5250×1900×1485mm

ホイールベース=3210mm

車両重量=2140kg



 もっとも全長が長いのはA8だが、ホイールベースが長いのは7シリーズ。A8の全長5300mmに対して、7シリーズは50mm短い5250mmだが、ホイールベースは反対にA8の3130mmに対して、7シリーズは80mm長い3210mmとなっている。ショートオーバーハングによるダイナミクス追求はBMWのフラッグシップサルーンにも根付いているということが確認できた。車重ももっとも軽量なのは7シリーズで一部カーボンボディの面目躍如といったところか。

 全高はどれも似たり寄ったりだが、全幅はA8のみ1945mmと2mの大台も視野に入れたワイドボディだ。Sクラスはすべて中庸だが王者の余裕だろうか。

つづいてエンジンスペック

アウディA8 L 60 TFSIクワトロ

エンジン 3996ccV型8気筒ターボ(最高出力:460ps(338kW)/5500rpm 最大トルク:660Nm/1800-4500rpm)



メルセデス・ベンツS560 4マティック・ロング

エンジン 3982ccV型8気筒ターボ(最高出力:469ps(345kW)/5250-5500rpm 最大トルク:700Nm/2000-4000rpm)



BMW 750Li Mスポーツ

エンジン 4394ccV型8気筒ターボ(最高出力:450ps(330kW)/5500rpm 最大トルク:650Nm/1800-4500rpm)



 V8そろい踏みというのは、最近のダウンサイジングの流れからすれば、そわそわしてしまうようなラインナップだ。アウディとメルセデス・ベンツの4.0ℓに対してBMWのみ4.4ℓとなっている。だが出力とトルクは示し合わせたように、450ps〜470ps、650〜700Nmで並んでいる。

最後に燃費と価格

アウディA8 L 60 TFSIクワトロ

燃料消費率(JC08)=8.7km/ℓ

車両本体価格=1510万円



メルセデス・ベンツS560 4マティック・ロング

燃料消費率(JC08)=9.0km/ℓ

車両本体価格=1681万円



BMW 750Li Mスポーツ

燃料消費率(JC08)=9.8km/ℓ

車両本体価格=1784万円



 こういうエキゾチックなクルマを社用車にするくらいだから、官庁系であるはずはない。つまり、あんまり価格や燃費を気にして選定するはずはないだろうが、いちおう参考までに示した。アウディ安! 燃費悪! という結果だった。ただし価格はまあ、日頃のディーラーとのつきあいで変わってくることもあると思うし、燃費はAWDということも加味しなくてはならないので、いざという時の安心をとるか日常の燃費をとるかだろう。

 そしてエンジンスペックは(今回比較したグレードラインナップで)最強ながら、それ以外はすべて真ん中というメルセデス・ベンツに不気味な余裕も感じた。よそとは違う社長車を! と考えている社長が参考にしてくれれば幸いだ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 社長車にドイツ車……なんて夢のある話だろう アウディA8をメルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズとサイズとかエンジンを比較した