デンソーは、車載用電子プラットフォームの開発を加速するため、組込みソフトウェアの開発を行うイーソルに出資した。出資額は約1.7 億円で出資比率は約2%。

 近年、自動車の高性能化に伴い、車両に搭載されている電子製品・システムの大規模化・複雑化が進み、車両全体の電子システムの統合制御がますます求められている。加えて今後、ソフトウェアの書き換えや追加による機能拡張や、サービスとの連携など、外部とつながることで生まれるさまざまなニーズに柔軟に対応できる、新たな車載用電子プラットフォームが必要だ。



 今回、デンソーが出資を行うイーソル社は、組込みOS技術をはじめとする高度なソフトウェア技術を有しており、自動車分野においても、AUTOSAR*2のプレミアムパートナーとして、車載用ソフトウェアの仕様策定に貢献している。



 デンソーは、2016年にイーソル社、日本電気通信システムと合弁会社・オーバスを設立し、自動車メーカーなどのユーザーにとって使いやすい車載用の基本ソフトウェアの開発を行ってきた。今回、イーソル社を車載用電子プラットフォーム開発の重要パートナーとして出資を行うことで、技術顧問契約の締結や相互の人材交流等、連携をより強化し、次世代の車載用電子プラットフォームの開発を加速させる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 デンソー:組込みソフトウェアを開発するイーソル社に出資