10月19日から開催されるデザインイベント「Tokyo Midtown DESING TOUCH 2018」にマツダが出展。

昨年の東京モーターショーで世界初公開され、その後に欧州の「コンセプトカー・オブ・ザ・イヤー」受賞やフランスで開催された国際自動車フェスティバルにおいて「最も美しいコンセプトカー」に選出されるなど、注目を集めたデザインスタディモデル「VISION COUPE」が展示される。



 「デザインを五感で楽しむ」というコンセプトの元に、東京ミッドタウン(東京都港区赤坂)にて開催される「Tokyo Midtown DESING TOUCH 2018(東京ミッドタウンデザインタッチ2018)」にマツダが出展を行なう。

 7回連続の出展となる今回は、「Breathing Life into Things(モノに生命を吹き込む)」というテーマのもと、マツダの次世代デザインビジョンモデル「マツダVISION COUPE(マツダ・ビジョン・クーペ)」と、VOGUE ITALIA選りすぐりのフォトグラファーが撮影したアート写真13点を組み合わせた展示を行なう。

 これはマツダが本年6月にイタリアのファッション雑誌「VOGUE ITALIA」と共同でミラノにて開催したイベントを再現したものであり、クルマのデザインをアートの領域まで高めようとするマツダデザインの挑戦のひとつだという。

東京ミッドタウンデザインタッチ2018出展概要

開催日時:2018年10月19日(金)から28日 11:00〜19:00

(入場無料)

場所:東京ミッドタウン プラザ1F キャノピー・スクエア

(東京都港区赤様9-7-1)

情報提供元:MotorFan
記事名:「 マツダのコンセプトカーVISION COUPEを見に行こう!