ホンダのベストセラーコンパクト、フィットでもっともスポーティな味付けがされているのがRS。対するスイフトスポーツは、従来の1.6ℓNAエンジンを1.4ℓターボへかえて圧倒的なスピードも手に入れている。200万円前後で手に入るホットハッチ2台のパッケージングとトランクスペースを比べてみよう。

フィットRSホンダセンシング

 ホンダのボトムエンドを受け持つフィットのボディに1.5ℓエンジンと6速MTを搭載したホットハッチがフィットRSだ。ライバルと比べるとやや大柄なボディはスポーティな俊敏さよりも安定性に効いている。トランスミッションは6速MTとCVTから選べる。



 一方のスイフトスポーツは、1.4ℓターボエンジンと3ナンバーボディで生まれ変わりながらも、「軽量」という武器も磨いた現在最も熱いハッチバックモデルだ。こちらは6速MTと6速ATを用意している。

 それでは、全体のサイズ比較から。

スズキ・スイフトスポーツ 全長×全幅×全高:3890×1735×1500mm ホイールベース:2450mm ミラーtoミラー:1865mm

全幅が1.7mを超えるため3ナンバー登録となる。とはいえ、全長がコンパクトで最小回転半径も5.1mと小回りが効くので、特別取り回しに気を遣う必要はない。

スズキ・スイフトスポーツ

全長×全幅×全高:3890×1735×1500mm

ホイールベース:2450mm

車重:970kg

エンジン:直列4気筒DOHCターボ

排気量:1371cc

最高出力:140ps(103kW)/5500rpm

最大トルク:230Nm(23.4kgm)/2500-3500rpm

トランスミッション:6速MT

駆動方式:FF

最小回転半径:5.1m

JC08モード燃費:16.4km/ℓ

車両本体価格:183万6000円

フィットRSホンダセンシング 全長×全幅×全高:4045×1695×1525mm ホイールベース:2530mm ミラーtoミラー:1980mm

「RS Honda SENSING」は、オレンジのラインが入った専用フロントバンパーや大型テールゲートスポイラーを装備。スイフトスポーツよりもホイールベースと全高が大きく、そのため室内空間も広い。

フィットRSホンダセンシング

全長×全幅×全高:4045×1695×1525mm

ホイールベース:2530mm

車重:1070kg

エンジン:直列4気筒DOHC

排気量:1496cc

最高出力:132ps(97kW)/6600rpm

最大トルク:155Nm(15.8kgm)/4600rpm

トランスミッション:6速MT

駆動方式:FF

最小回転半径:5.2m

JC08モード燃費:19.2km/ℓ

車両本体価格:205万920円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

スズキ・スイフトスポーツ 室内長×室内幅×室内高:1910×1425×1225mm

レッドの専用加飾や本革巻きのマルチファンクションステアリングなど、多数の専用装置を備え、スポーティな雰囲気作りでは頭ひとつ抜けた印象。メーター文字盤のカラーを左右で分ける演出も効いている。

リヤシート高:550mm 後席ニークリアランスは約160mm、頭上空間は約40mmと必要十分。スイフト標準車と同様の居住性を備える。
フロントシート高:520〜550mm 専用開発されたセミバケットシートは、ホールド性だけでなく座り心地も良好。運転席にはシートヒーターも標準装備される。


フィットRSホンダセンシング 室内長×室内幅×室内高:1935×1450×1280mm

「RS Honda SENSING」は、オレンジの差し色を入れたスポーティなインテリアのほか、本革巻きステアリングやステンレス製ペダルを採用。メーターやマルチディスプレイの表示内容は他のグレードと共通だ。

リヤシート高:570mm 後席は膝前が約220mm、頭上が約50mmとかなり広く、シートにはリクライニング機構も装備されている。
フロントシート高:530〜570mm シートにも「RS」専用カラーを採用するが、形状はいたって普通。スポーツシートというほどのホールド感は期待できない。


スズキ・スイフトスポーツ

通常時:奥行き600mm 高さ860mm

最大時:奥行き1480mm 最小幅:1000mm

ホイールベースで80mm、全長で155mm、フィットRSより短いこともあってトランクスペースはフィットよりやや狭い。後席は6対4分割可倒式を採用しているが、背もたれを倒すと少し段差ができる。

フィットRSホンダセンシング

通常時:奥行き690mm 高さ890mm

最大時:奥行き1590mm 最小幅1000mm

奥行きは通常時で充分に広く、フロア手前側の最大幅も120mmとスイフトスポーツよりも広い。後席はダイブダウン機構付きの6対4分割可倒式でフラットフロアを実現。

 スイフトスポーツの荷室サイズは、標準のスイフトと同じVDA式計測で256ℓ。ちょっとした旅行はもちろん、交換用のタイヤや工具を積み込んでサーキットへ行くこともできる。スペアタイヤの設定はないからトランク床下はバンク修理キットなどの車載工具のほか、三角表示板などを収めるスペースとなっている。開口部下端の地上高は715mm。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スイフトスポーツとフィットRS。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?