新型スズキ・ジムニーは国内では660cc直3ターボのジムニーと1.5ℓエンジン搭載のジムニーシエラの2系統存在するが、ワールドワイドでは、日本のジムニーシエラが、「世界のジムニー」なのだ。欧州仕様のスペックを読み解いてみよう。

 軽自動車規格は日本独自のもの。したがって、基本的に660ccのR06A型直3ターボエンジンを積む日本の「ジムニー」は日本だけのモデルだ。世界的標準は1.5ℓのK15B型直4NAエンジンを搭載する「ジムニーシエラ」がジムニーだ。そのスペックを見つけたので下記に記す。

全長×全幅×全高:3480※×1645×1725mm

(※ スペアタイヤカバー含む3645mm)

ホイールベース:2250mm

車両重量:1090kg(5MT) 1110kg(4AT)

トレッド:F1395mm R1405mm

最小回転半径:4.9m

最低地上高:210mm

アプローチアングル:37度

ランプブレークオーバーアングル:28度

デパーチャーアングル:49度

燃料タンク容量:40ℓ



エンジン

形式:直列4気筒DOHC

型式:K15B

排気量:1462cc

ボア×ストローク:74.0×85.0mm

圧縮比:10.0

最高出力:75kW(102ps)/6000rpm

最大トルク:130Nm/4000rpm

燃料供給:PFI

最高速度:145km/h(5MT) 140km/h(4AT)

エミッション:Euro6

NEDCモード燃費

 Urban 7 12.99km/ℓ(5MT) 11.90km/ℓ(4AT)

 Extra-Urban 16.13km/ℓ(5MT) 14.49km/ℓ(4AT)

 Combined 14.70km/ℓ(5MT) 13.33km/ℓ(4AT)



CO2排出量

 NEDCモード:154g/km(5MT) 170g/km(4AT)

 WLTCモード:179g/km(5MT) 198g/km(4AT)

 エンジンのスペックは日本仕様のジムニーシエラとまったく一緒。最高速が国内自主規制よりもちょっとだけ高い145km/hなのはさすがアウトバーンのある国、というところだ。だが、このジムニーのスペックをよく比べてみると、欧州仕様と日本仕様では燃費が違うのである。最近、従来のJC08に代わってWLTCという国際標準化されたモード燃費が採用されているが、欧州仕様はひどく燃費が悪い。



 ちなみにジムニーシエラの日本仕様の燃費は

WLTCモード

 総合:15.0km/ℓ(5MT)13.6km/ℓ(4AT)

 市街地モード:12.8km/ℓ(5MT) 11.2km/ℓ(4AT)

 郊外モード:15.8km/ℓ(5MT) 14.7km/ℓ(4AT)

 高速道路モード:15.9km/ℓ(5MT) 14.6km/ℓ(4AT)



CO2排出量

 WLTCモード:143.3g/km(5MT) 175.9g/km(4AT)

 その差は基準の一致するWLTCモードでCO2排出量が欧州仕様179gと日本仕様143.3gである。たしかに欧州仕様はわずかに重いがその差は20kg。こんなに差が付くはずがない……。



 これはつまり欧州と日本におけるWLTCモードの中身の違いなのではないか? と推測される。欧州における運転サイクルが日本とは異なるのだ。具体的にはエクストラハイと呼ばれる130km/hの高速域は日本におけるWLTCモードでは走らない。つまり平均速度が低いのである。これはアウトバーンのある国と最高速度が100km/h(一部試験的に110km/hもあるが)の日本とのお国事情の違いの表れである。

 

 スペックの違いから各国の交通事情が垣間見えた瞬間であった。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スズキ・ジムニーシエラの欧州仕様。最高速度は145km/h!