ヤマハ発動機株式会社が「第45回東京モーターショー2017」などに出品し人気を博した「MOTOROiD(モトロイド)」が、世界的に権威あるデザイン賞「Red Dot Award:デザインコンセプト2018」において “Best of the Best” (40点)に選ばれ、さらにその中からトップ3がノミネートされる「Luminary award」の候補に初めて選出された。

「MOTOROiD」は、“人とマシンが共響するパーソナルモビリティ”を目指したコンセプトモデル。



 知能化と自律技術を適用した高度なバランス制御を実装、マシンが自らの状態をセンシングして重心移動によって起き上がりそのまま不倒状態を保つ。また、ユーザーを認識して歩み寄ってくるほか、ライダーアクションに呼応するような反応を見せるHMI(Human-Machine Interface)機能など、さまざまな機能を備え、まるでパートナーのように振る舞う。

“移動の道具”を超えたモビリティの未来像を提案している。



 外観は、荒々しい切削痕が残ったフレーム、あちこちに生々しく残った車体の傷、大きく磨り減って溝も消えかかったタイヤなど、技術とデザインの共創における苦悩や葛藤のプロセスを視覚的に伝える。



「Red Dot Award」とは

「Red Dot Award」は、ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」主催による世界的な格式の高いデザイン賞。プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3部門で、毎年卓越したデザインが選定されている。



 今回は世界55ヵ国より5,640点の応募があり、ヤマハのデザインコンセプト部門での受賞は2017年に続き2度目。“Best of the Best”に選出されたのは初めてとなる。「Luminary award」の発表は9月28日の授賞式当日に行われる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ヤマハ「MOTOROiD」が世界的デザイン賞の大賞候補にノミネート