マツダ株式会社は來る4月21日(土)と22日(日)の両日に「サステイナブル”ZOOM-ZOOM”フォーラム2018in横浜」を開催予定。

それに先立ち4月13日(金)正午より専用応募サイトにて参加者の募集を行う。

 同フォーラムはマツダの技術開発や社会貢献に対する取り組みを紹介するとともに、参加者との絆を深めることを目的としたもの。今年は常務執行役員・シニア技術開発フェローの人見光夫氏が「エンジン革新が実現するサステイナブル社会」の講演を行う。そのほか、人間中心の自動運転の考え方「Mazda Co-Pilot Concept(マツダ・コ・パイロット・コンセプト)」、マツダの次世代デザインの方向性「マツダデザインの挑戦」という公演も行なわれる。

 また、安全運転への理解を深める体験プログラムやマツダ従業員との意見交換会など、楽しみながら学べるコンテンツなどを用意。小学生向けの「キッズ整備体験」やペーパークラフトなどのプログラムも合わせて開催。





詳細は下記URLのサイトを参照

http://www.mazda.jp/zoomzoomforum2018/



募集期間

2018年4月13日(金)正午〜4月20日(金)正午



問い合わせ

「サステイナブル”ZOOM-ZOOM”フォーラム2018in横浜」

TEL:03-3508-5031(受付時間:月〜金 10:00〜17:00)

045-461-12111(受付時間:4月21日及び22日 9:00〜17:30)

Eメール:szzf@mazda.co.jp

情報提供元:MotorFan
記事名:「 4/21(土)22(日)にマツダR&Dセンター横浜にて開催の 「サスティナブル”ZOOM-ZOOM”フォーラム2018in横浜」参加者募集