毎年恒例となっているJAIA(日本自動車輸入組合)の「輸入車試乗会」が、今年も神奈川県西部にある大磯プリンスホテルで開催された。今回はイギリス、フランス、ドイツ、スウェーデン、アメリカのSUV計7台をはじめ、最新の輸入車総計10台を一挙に試乗。



いずれもホテル敷地内での撮影と、近隣の一般道および自動車専用道路の西湘バイパスでの試乗を合わせて各45分間という短い時間ではあったものの、各車のお国柄とブランドの個性を明確に感じ取ることができた。

SPAを採用したボルボXC60のボディ

昨年の東京モーターショー2017開幕直前、10月16日より新型2代目の日本導入が開始された、ボルボのミドルラージSUV「XC60」。フラッグシップの90シリーズと同じ新世代のSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)を採用し、大幅な軽量化とともに走りの質感をアップしている。

ボルボXC60の運転席まわり

ボルボXC60のリヤシート
ボルボXC60のフロントシート


トール・ハンマーがモチーフのLEDヘッドライトに代表される、最新のクリーンかつモダンなスカンジナビアンラグジュアリーを体現した内外装も90シリーズと何ら変わらず。90シリーズに対しサイズが小さく安価な弟分ながら、見劣りする部分は皆無と言っていい。

「T8」のPHVパワートレイン

パワートレインはすべて2.0L直4の新世代「Drive-E」+8速AT+AWDで、日本仕様に設定されているのは190ps・400Nmのディーゼルターボ「D4」と、254ps・350Nmのガソリンターボ「T5」、320ps・400Nmのガソリンターボ&スーパーチャージャー「T6」、そして「T6」のエンジンに240Nmの電気モーターを組み合わせたPHV「T8ツインエンジン」の4種類。今回試乗したのは「T5 AWD」の豪華仕様「インスクリプション」だ。

「T5」の2.0L直4ガソリンターボエンジン

今回試乗したSUV7台は、セダン顔負けのスポーティな加速フィールとハンドリングの持ち主が多かったのだが、その中でXC60は機敏すぎず、かつ本格SUVのダルさもなく、すべてが“ちょうどいい”運転感覚。

ボルボXC60のリヤまわり

ボルボXC60のラゲッジルーム

これならば近所への買い物から遠出、ドライの舗装路から雪山、スーパーマーケットから高級ホテルまで、最も走行ステージを選ばずオールラウンドに使えるだろう。

試乗車は235/55R19 101Qのスタッドレスタイヤを装着

ただし今回の試乗車はQレンジのスタッドレスタイヤを装着しており、少しでもハードに旋回したりブレーキをかけたりすれば即座にブロックがよれ、不安定な挙動を見せたため、その真価を存分に味わうことはできなかった。非降雪地帯に住み、たまの帰省やウィンタースポーツなどで雪道を走る程度ならば、ドライ舗装路にもある程度対応できるスピードレンジT以上のスタッドレスタイヤを選んだ方が良さそうだ。

【Specifications】

<ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD・8AT)>

全長×全幅×全高:4690×1900×1660mm ホイールベース:2865mm 車両重量:1860kg エンジン形式:直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボ 排気量:1968cc ボア×ストローク:82.0×93.2mm 圧縮比:10.88888 最高出力:187kW(254ps)/5500rpm 最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4800rpm JC08モード燃費:12.6km/L 価格:6,790,000円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【ボルボXC60@JAIA輸入車試乗会】すべてが“ちょうどいい”、だが高級感は抜群のオールラウンダーSUV