自動車技術会は昨年11月より、中学生・高校生を対象にした「カーデザインコンテスト」を開催。3月26日にアルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)で表彰式を実施した。

審査員特別賞を受賞した鈴木優里香さん(女子美術大学付属高等学校2年)の「SKETCH」

同コンテストは、中高生の時期にカーデザインを通じたものづくりの魅力に触れることで、自動車産業の発展に寄与するカーデザイナーを育てることを目的に、毎年開催されているもの。



 第6回となる今回も前回と同じく、「10年後の暮らしを楽しくするクルマのデザイン」をテーマとして作品を募集。応募総数253件(高校生217件、中学生36件)の作品が3次にわたる審査によって27件にまで絞られ、さらに最終審議で各賞の受賞作品が選ばれた結果、下記の作品に各賞が贈られた。

カーデザイン賞(高校生の部)を受賞した岩片智さん(東京都立工芸高等学校1年)の「癒バス」
カーデザイン賞(中学生の部)を受賞した沖林和幸さん(神戸市立広陵中学校3年)の「air(エアー)」


ダビンチ賞(高校生の部)を受賞した高木海斗さん(熊本県立大津高等学校2年の「Smart7」
ダビンチ賞(中学生の部)を受賞した三浦萌さん(神戸市立広陵中学校2年)の「未来の消防車」


なお、トータルで最も優れた作品に送られる最優秀賞「カーデザイン大賞」は、史上初の該当なし、という結果になった。

「カーデザイン大賞」該当作品なしとした理由を説明する山和紀久子・人材育成WGリーダー

この結果について、トヨタ自動車に所属する同会の山和紀久子・人材育成WGリーダーは、「カーデザイン大賞は、特徴や機能がどんな楽しさや嬉しさを説明できていること、考えがカタチや絵に表現されていること、カタチがあるまとまりをもって美しく表現されていること、発想に新しさやオリジナリティがあること、未来をかんじさせること、これらの審査基準をすべて満たす総合力を持ち、これから応募する人たちの目標となる作品に送られるもの。これをクリアするのはプロでも難しいことではあるが、もっと心を動かされる作品を生み出し、みんなの目標となる“未来の理想型”を目に見えるカタチにしてほしい」と、その理由を説明している。

本田技術研究所・アーテミエフさんによるデジタルスケッチ実演の様子
デジタルスケッチ実演で作成されたホンダ・スポーツEVコンセプトおよびアーバンEVコンセプト


表彰式後は、本田技術研究所デザイン1スタジオのヴァディム・アーテミエフさんが、Wacom製ペンタブレット端末とAdobe Photoshopを用いた、ホンダ・スポーツEVコンセプトおよびアーバンEVコンセプトのデジタルスケッチを実演した。

鈴木優里香さんにスケッチを指導する日産自動車グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部の杉谷昌保さん
「カ(化)をカタ(型、方)にしカタチ(形)にする」という、杉谷さんが携帯電話の進化を例に説明したプロダクトデザインの基本的考え方


さらに、各賞受賞者に対し、現役のカーデザイナーがマンツーマンでスケッチを指導。コピックを使用した線画への着色技法のみならず、プロのカーデザインの現場で求められる、生産工程やリアルワールドでの使い勝手・安全性まで想定してアイデアをデザインに具現化するための考え方も丁寧にレクチャーしている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 未来の自動車業界をリードするカーデザイナーはここから生まれる!? 自動車技術会、「第6回カーデザインコンテスト」を開催