駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippaは、首都高速道路サービスと提携し、同社が管理する時間貸し駐車場の貸し出しを2月24日(土)より開始したことを13日発表した。

今回の提携により、首都高速道路サービスが管理している東京都内の時間貸し駐車場の予約がakippaにて可能になる。



従来の時間貸し駐車場は、現地に行ってから満空状態がわかるため、その場所に車を止められる確証はない。しかし事前予約が可能になることで、確実に駐車できる。また、時間貸し駐車場に「事前予約ができる」という付加価値をつけることにより、新たなドライバーニーズに応えることができるため、駐車場の稼働率をあげられる。



akippaでは首都高速道路サービスとの提携を機に、全国の時間貸し駐車場を運営する企業との協力を進めていく。そしてドライバーが駐車場探しに困ることがない、スムーズな駐車場体験の提供に努めていくという。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ​akippaと首都高速道路サービスが提携