ジャガー・ランドローバー・ジャパンは1月26日、ランドローバーの高級コンパクトSUV「レンジローバー・イヴォーク」に、100台限定車「フリースタイル-D」を設定。同日より受注を開始した。

180ps・430Nmを発する2.0L直4直噴「インジニウム」ターボディーゼルエンジンを搭載するベーシックグレード「SE」2018年モデルをベースに、18インチの5スプリットスポークアロイホイールを装着。ボディカラーはナルヴィックブラックとフジホワイトの2種類で、限定台数は前者が40台、後者が60台となっている。





インテリアはサテンブラッシュドアルミニウムを使用したエボニーを採用。さらに、車やキーに触れることなく車外からテールゲートの開閉操作が可能なハンズフリー・パワー・テールゲートや、シートヒーター(フロント)、レーンデパーチャー・ワーニング(斜線逸脱警告機能)、自動緊急ブレーキなどを標準装備し、利便性や快適性、安全性を大幅に向上させた。



しかも価格は、ベースモデルより211,000円安い4,999,000円。非常にお買い得な設定となっているのも、大きな魅力と言えるだろう。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 レンジローバー・イヴォークのディーゼル車が500万円未満で買える! 100台限定車「フリースタイル-D」発売