ブロックチェーンをベースとする物流強化プラットフォーム「VeChain」はドイツの自動車大手BMW社の提携について、同社のリブランドのイベントで、VeChainのCEO Sunny Lu氏が認めた。





噂だったVeChainとBMWのパートナーシップが公式に!?

VeChainとBMWのパートナーシップの噂は、以前から仮想通貨市場に広まっていたが、公式発表が無かったため、多くの投資家は事実確認を心待ちにしていた。



しかし、BMWはブロックチェーン企業と提携する最初の自動車製造会社ではない。最近、ドイツの巨象・フォルクスワーゲン社は、ベルリンに本拠を置くブロックチェーン会社IOTAと提携し、IOTAの膨大なデータプールを活用すると表明した。 IOT(Internet-of-Things)の実装に対する需要の高まりによって、従来の企業が膨大なデータプールにアクセスすることを余儀なくされている。これらのブロックチェーン企業は、分散型台帳技術の効率性を活かせるため、この分野で優位性があると言える。



さらに、VeChainは、多くのプロジェクトで成功を呼び寄せたリブランド(名称変更)を実行して「VeChain Thor」に改名した。最近、他の仮想通貨レイブロックスはNANOにリブランドした。この結果、NANOのトークン価格は大幅に上昇している。



また、VeChain(現VeChain Thor)はオックスフォード大学との共同研究を発表した。この大学は、Veリサーチの一環として、VeChain Thorプラットフォームの技術開発を支援している。

韓国の仮想通貨市場はVeChainによって、盛り上がりを見せている

一方、韓国の仮想通貨取引所Coinnestは26日にVeChain Thoトークン「VET」を上場。これにより法定通貨とVETの直接取引を提供する最初の取引所となる。韓国の熱狂的な仮想通貨市場は、VeChian Thorチームにとっても魅力的なターゲットの一つだ。



2017年12月以来、取引所でVeChain「VEN」トークンの値動きは非常に好調だった。トークンは初上場時の0.24ドルから現在の5.59ドルにまで上昇し、2230%増の利益を上げている。コインは1月下旬にピークに達し、9.37ドルの価格をつけていた。

記事元はこちら:仮想通貨ニュースの「コイン東京」

仮想通貨ニュースの「コイン東京」

コイン東京[cointokyo]は、ビットコインやイーサリアム、アルトコインなど仮想通貨の総合メディアです。海外・価格・取引所・規制・おすすめ・ICO・将来性など最新情報も満載。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 仮想通貨VeChain(VEN)がBMWとの提携を認める!リブランド(名称変更)でVeChain Thor(VET)に