スズキ株式会社は、3月16日から18日までインテックス大阪で開催される「第34回大阪モーターサイクルショー2018」および、3月23日から25日まで東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターサイクルショー」に以下の内容で出品することを発表した。

GSX‐R1000R

今回のスズキブースは、2017年10月に東京モーターショーで発表した上質なスタンダードスクーター「SWISH(スウィッシュ)」や新グラフィックを採用したスーパースポーツバイク「GSX‐R1000R」の輸出仕様車を参考出品。



市販車では2018年1月に発売した125ccのロードスポーツバイク「GSX‐R125ABS」や伝統的な外観を取り入れたネオレトロの「SV650X ABS」などの新型モデルを中心に、実際に触れることができる車両を数多く展示することで、スズキ二輪車の魅力を発信していく。



また、「GSX‐R1000R」にまたがりながらサーキットでの走行映像をVR(バーチャルリアリティ)装置で再生するVR体験コーナーが設けられ、映像に合わせて車両を左右にバンクさせることで、サーキットにおけるライディングを体感できる仕組みとなっている。



●展示車両

<参考出品車>

SWISH、GSX‐R1000R(輸出仕様車)、GSX‐RR(MotoGP参戦車両)

<国内向け市販車>

SV650X ABS(1月26日発売)、GSX‐R125 ABS(1月26日発売)、GSX‐S1000 ABS、GSX‐S1000F ABS、GSX‐S750 ABS、GSX‐S125 ABS、V‐Strom 1000XT ABS、V‐Strom 650XT ABS、アドレス125、アドレス110等
●スズキ モーターサイクルショー2018 スペシャルサイト

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スズキ、「第34回大阪モーターサイクルショー2018」 「第45回東京モーターサイクルショー」へ出品決定