イギリスのマクラーレン・オートモーティブは3月6日、同日より開催されるジュネーブモーターショーにおいて、「アルティメットシリーズ」のニューモデル「セナ」のサーキット専用バージョン「GTR」を追加、最大75台生産することを発表し、そのコンセプトモデルを公開した。

マクラーレン・セナGTRコンセプトのフロントまわり

この伝説のF1ドライバー、アイルトン・セナの名を持つ究極のスーパースポーツは、限定生産台数500台のロードバージョンが、ジュネーブショーで世界初公開される前にすでに完売しているが、これに75台のGTRが上乗せされることになる。

【ロードバージョンの詳細は「マクラーレン セナ、3月のジュネーブにて初披露!」】
マクラーレン・セナGTRコンセプトのリヤまわり

トップクラスのレーシングカーに求められる強度と剛性を確保するため、ボディのコアにはロードカーと同じCFRP製の「Monocage3」構造を採用しており、乾燥重量はロードカーと同じ1198kgを維持。ミッドに搭載される4.0L V8ツインターボエンジンはロードカーの800ps・800Nmからさらに向上し、最高出力は少なくとも825psに達する予定だ。

マクラーレン・セナGTRコンセプトのフロントタイヤ&ホイール

このエンジンにはサーキット専用トランスミッションが組み合わされるほか、足元には改良されたダブルウィッシュボーン式サスペンションとピレリ製スリックタイヤ、センターロック式のサーキット専用ホイールが装着される。

前方に向かって大幅に拡大されたフロントスプリッター
アクティブリヤウィングと全面的に拡大されたリヤディフューザー


これに伴い前後フェンダーのデザインが変更され、フロントスプリッターも大幅に拡大。リヤディフューザーも大きく長くなり、より後方へ伸ばされている。さらに、空力・冷却性能を高めつつ、アクティブリヤウィングの性能をより効果的に引き出すため、リヤデッキはマクラーレン車の中で最も低い位置とされた。

マクラーレン・セナGTRコンセプトのサイドビュー

またドアは、アウターパネルが車体中央に向かって可能な限り押し込まれ、走行時のエアフローがより理想的な状態に維持されるよう設計。サイドウィンドウはポリカーボネート製に変更された。これらの結果、ダウンフォースは最大で1000kgにも達し、F1マシンを除くマクラーレン最速のラップタイムを記録したという。



このマクラーレン・セナGTRは、2019年よりイギリス・サリー州ウォーキングのマクラーレン・プロダクション・センターにおいて、最大75台が手作業で組み立てられる。その価格は約100万ポンド(1ポンド145円換算で1億4500万円)。かつてのマクラーレンF1 GTRのように、このセナGTRが世界中のGTレースを席巻するであろう、来年以降のシーズンが今から待ち遠しい。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 マクラーレン・セナに早くもサーキット専用車「GTR」が追加!