フォルクスワーゲン・アルテオンは、東京モーターショー2017でも話題になったので、気になっている人は多いはず。これまでは「ゴルフやポロのようなコンパクトカーこそVWの真髄」という先入観を持っていたのだが、それを見事に裏切ってくれるクルマだった。

どんなシチュエーションでも気兼ねなく運転できる

室内に入った瞬間に、誰もが「広い!」と実感するだろう。

「とても知的な香りがする」



これが、フォルクスワーゲン・アルテオンに触れたときに感じた第一印象である。



JAIA試乗会の発着地点から、会場となった大磯プリンスホテル敷地内の道路でアルテオンを少し走らせた。それだけで「良いクルマ」というフィーリングがひしひしと伝わってくる。室内が広く、身体を優しく包んでくれるシートも魅力的だ。ちなみに、このクルマは4ドア・セダンではなく「5ドア・クーペ」である。

直線を基調にしたインテリアは、長く乗っても飽きがこないだろう。

今回、試乗したのは、上級グレードのR-Line 4MOTION Advance。標準グレードのR-Line 4MOTIONとの違いは、20インチホイール、安全装備の充実、ヘッドアップディスプレイ、運転席のマッサージ機能などを標準装備している点だ。



また、R-Line 4MOTION Advanceのみ、電動パノラマスライディングルーフをオプション装着できる(R-Line 4MOTIONは選ぶことができない)。



ボディは大きいが、デザインの妙でどの角度からでもバランスが取れている。

車両本体価格は、R-Line 4MOTIONの549万円に対し、R-Line 4MOTION Advanceは50万円アップの599万円となる。50万円の価格差はあるが、装備内容を考えれば上級モデルのほうがお得に感じる。



逆にエンジンスペックなどは一緒なので、少しでもリーズナブルに乗りたい……ということであればR-Line 4MOTIONという選択もアリだろう。

トランクではなく、ハッチバック。角度によっては、セダンにも、クーペにも見える。

会場近くの国道や西湘バイパスなどを走らせてみた。エンジン音は静かで、アクセルを少し踏むと、踏んだ量に対してドライバーが欲しい加速力とスピードでクルージングすることができる。ブレーキのフィーリングも申し分ない。そして、運転に関するすべての操作が、良い意味で“軽い”のだ。245/35R20というタイヤサイズにもかかわらず、乗り心地も良い。



各種スイッチ類の配置も自然で、多くの人が直感的に操作できる。これならば、ロングドライブでも日常の運転でも、渋滞路や夜間など、どんなシチュエーションでも気兼ねなく運転できるはずだ。

普段の生活に彩りをプラスする、魅力的なクルマ

R-Line 4MOTION Advance は、20インチホイールを履く。

試乗の合間にアルテオンのカタログを見ていたら、こんなコピーがあった。



「TSI、DSG、4MOTION。280馬力、7速、4駆。」



そう、アルテオンは、VWが持つ先進テクノロジーを満載したフラッグシップモデルなのである。直列4気筒DOHCターボエンジンは280psを発生し、必要にして充分なドライビングを約束してくれる。7速DSGは、ドライバーに意識させることなく自然に、そして適切にシフトチェンジを行う。



4MOTION、すなわちフルタイム4WDは今回の試乗コースではあまり実感することができなかったが、ホイールスピードやステアリングアングルなどのパラメーターを分析して理想的な駆動トルクを計算、駿馬に前後輪へ配分するものだ。また、発進・加速時には、後輪へのトルク配分を増加させるなど、あらゆる走行シーンでスムーズかつ安定した走りを実現するという。

フロントグリルには、スポーツモデルの証であるR-Lineのエンブレムを装着。

また、この4MOTIONは、突然の積雪やウインタースポーツを趣味とする人にはスタッドレスタイヤと組み合わせることで「どこまでも走れる相棒」になる。



このほか、環境テクノロジーであるBlueMotion Technorogy、最先端のインターフェイスを取り入れたVW純正インフォテイメントシスタムDiscover Pro、最先端のアクティブセーフティ技術や運転支援シスタムなどを標準装備する。



アルテオンのカタログには、こんなコピーもあった。



「着飾りません、フォルクスワーゲンですから。」

「アルテオン」という未来的なネーミングにも好感が持てる。

これみよがしではない、潔さがアルテオンには存在する。日本国内モデルは「R-Line」というスポーティグレードのみだが、ここにもまた潔さがある。フォルクスワーゲンというブランドイメージにプラスして、アルテオンには良いモノ感が漂っており、ステアリングを握るドライバーのIQも一段と高く見えそうだ。



ライバルのようなギラギラ感がない。これこそが、アルテオンの個性なのではないか。「次のクルマはどうしよう?」と悩む大人こそアルテオンを選べば、普段の生活に間違いなく彩りがプラスされることだろう。

【初試乗】新たなる”プレミアム”グランツーリズモ「VWアルテオン」
●フォルクスワーゲン・アルテオン R-Line 4MOTION Advance

全長×全幅×全高:4865×1875×1435mm ホイールベース: 2835mm 車両重量:1700kg エンジン:直列4気筒DOHCターボチャージャー 排気量: 1984cc 最高出力: 280ps/5600-6500rpm 最大トルク:350Nm/1700-5600rpm トランスミッション:7速DCT フロントサスペンション:マクファーソンストラット リヤサスペンション:4リンク フロントタイヤ:245/35R20 リヤタイヤ:245/35R20 駆動方式:FWD 価格:599万円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 VWアルテオンに乗ると、ドライバーが知的に見える!? 【アルテオンR-Line 4MOTION Advance試乗記】