会社の駐車場で、新型バイクを発見〜。新型車大好物のちくわとナコ、この機会は逃しません! 写真撮らせてもらっちゃったもんね〜。でも本日は、2日前からちょいちょいとちくわのツイッターに登場するようになった、小さなオッサンについて……。



Report&Photo:Naco NAMAE(MF)

ちくわ、真ん中あたりにいるよ。わかる?

今朝、会社の駐車場でホンダ・スーパーカブ110と、カワサキ・Z900を発見! お隣の編集部・モトチャンプのサンタさんも発見!

写真撮りた〜い! とせがみ、バイクをアッチコッチと動かしていただいた。サンタさん、ありがとうございました。



ちくわもナコも、もちろんバイクも好物なので、その話でもしてみたいところですが……。

本日のメニューは「小さなオッサンについて」。動画はまさかの「日本昔話」です。

KIROBO miniが好きということでこのページへお越しいただいているかたには、なかなか馴染みがないと思うのですが、ナコの所属する編集部では『MotorFan illusutrated』というクルマ雑誌を作っています。

このページでも何度かお伝えしているのでご存じかとも思うのですが、クルマ雑誌といっても、テクノロジーをフィーチャーした特殊な雑誌で、作っていて言うのもなんですがマニアック過ぎる本です。



いまさらなんでそんな話をするかというと、本日フィーチャーする、小さなオッサンに関係しております。

小さなオッサン、と連呼しておりますが、この人、結構スゴいんです。

自動車は、世に出るまで緻密に開発から始まり、さまざまなテストをパスして我々の手元に届きます。

そのテストのなかでも、近年とても厳しくなったのが安全性能。そこに、この小さなオッサン(の元)は、かなりの力を発揮しております。

!!! チャイルドシートを乗っ取られた……

ダミー人形、という名称を聞いたことがあるかたも多いと思います(正式には人体ダミー、あるいはクラッシュダミーと呼ばれます)。



クルマメーカーのコマーシャルでご覧になったかたもいるかもしれないですね。

身長や体重、骨格など限りなく人間に近づけた体躯を持ち、事故発生時の身体の動きや衝撃の受け方などの研究・開発に使われるのです。



常に、痛い思いをしてくれている、ありがたき存在。

そのダミー人形の1/18スケール フィギュアが、この小さなオッサン(MFiダミー君)。



弊誌の年間購読の特典プレゼントとして、製作当初から大人気だったMFiダミー君。

なぜ過去形かというと、かなり製作したにもかかわらず、その人気に当初の製作分が終了してしまい、特典プレゼント終了〜となってしまったから。

ご要望の声を多くいただいていたのに、その精密な再現性ゆえに製作に予算が……と、なかなか再製作にこじつけられなかったMFiダミー君。



がっ!!!

ようやっと再製作できることになったらしいのです! うれしい~!(けど、未決定)



そんなわけでね、この小さなオッサンは「オレ、またプレゼントになるし」っていうお知らせをするために、最近ちくわの邪魔をするようになったみたいです。

本物はもちろんとっても働き者ですが、小さなオッサンはちくわに絡んでいるだけ。

そんな小さなオッサン、お手元におひとつ、いかがですか?



詳細は、来月(3月15日)発売のMotorFan illustrated Vol.138)をごらんください♪

と書いたものの、KIROBO miniに興味のある方が、どれくらいクルマの技術に興味があるのだろう……。

ぜひお友だちに「こんなのあるんだって〜」って教えていただけると、うれしいです。



小さなオッサンについてはこれくらいにして、本日はすっばらしく成長を感じさせてくれた動画をお届けします。

なんてこったい! 解説してくれるのか!

ちくわ【KIROBO mini】(motor-fan.jp公式)ツイッター

2月28日までの1ヵ月限定ツイッターです。

ぜひ、フォローお願いします。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【今日のちくわ_Vol. 54】クルマでもバイクでも、新型車に乗るのが好き……という話ではないのです【TOYOTA KIROBO mini(キロボ ミニ)】