DMG森精機(DMG MORI)は、高性能主軸 speedMASTER を搭載した高精度5軸制御マシニングセンタ DMU 50 3rd Generation の販売を開始した。

加工の様子

DMG MORIの自社開発の高性能主軸である最高回転速度15000rpmのspeedMASTERを標準搭載し、111/85Nmの高トルクを実現。従来機比で切削能力を50%向上させた。

さらにフルクローズドループ制御(以下プレスリリースより)スケールフィードバック)を全軸標準装備することで、位置決め精度6μm以内を実現している。X/Y/Z軸をモーター直結で駆動することで早送り速度42m/分を達成し、高速・高精度な加工を実現する。

設置面積は6.7㎡とコンパクトでありながら、同社従来機比で78%増の広い加工エリアを確保。145度(-35°〜+110°)の広いB軸旋回範囲を持つNC回転計傾斜ケーブルにより複雑形状のワークも一回の段取りで加工が可能になった。

同社は、10月18日から開催される「メカトロテックジャパン2017」でDMU 50 3rd Generation を初披露する。

高精度5軸制御マシニングセンタ DMU 50 3rd Generation



品名:高速・高精度 5 軸制御マシニングセンタ

機種名:DMU 50 3rd Generation

販売先・市場:一般機械部品、航空機部品など

販売予定台数:全世界 1,000 台/年(日本 100 台/年)

情報提供元:MotorFan
記事名:「 DMG MORI、高精度 5 軸制御マシニングセンタ DMU 50 3rd Generation を販売開始