本田技研工業(ホンダ)は9月14日、5ナンバーサイズの小型ステーションワゴン「シャトル」を一部改良。9月15日に発売した。

「ホンダセンシング」の作動イメージ

ミリ波レーダーと単眼カメラにより8つの予防安全機能を備えた「ホンダセンシング」を全車標準装備。ハイブリッド車の「スポーツハイブリッドi-DCD」とガソリン車に採用の1.5L直噴エンジンを、それぞれのパワートレインの特性に合わせチューニングを変更して、ハイブリッド車はのJC08モード燃費34.4km/Lを実現しつつ、スムーズな加速フィールなどの運転する楽しさも進化させている。

二段階ドリンクホルダーを備えたハイデッキセンターコンソール
LEDフォグライト


そのほか、深さを二段階で調節可能なドリンクホルダーを全車標準装備。LEDフォグライトをガソリン車「Gホンダセンシング」にオプション設定し、中間グレード「ハイブリッドXホンダセンシング」および上級グレード「ハイブリッドZホンダセンシング」に標準装備した。

アップルカープレイに対応したホンダインターナビ

また、「ハイブリッドXホンダセンシング」および「ハイブリッドZホンダセンシング」にオプション設定の「ホンダインターナビ」を、アップルカープレイとアンドロイドオートに対応させている。



価格は1,770,120~2,631,960円。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダ・シャトルが「ホンダセンシング」を全車標準装備!