2018-03-07-AY8I8352

叡山電鉄は、3月21日にデビューする新しい観光車両「ひえい」を報道陣に公開した。

2018-03-07-AY8I8284

2018-03-07-AY8I8202

デザインコンセプトは叡山電車の2つの終着点にある「比叡山」と「鞍馬山」の持つ荘厳で神聖な空気感や深淵な歴史、木漏れ日や静寂な空間から感じる大地の気やパワーなど、「神秘的な雰囲気」や「時空を超えたダイナミズム」といったイメージを「楕円」というモチーフで大胆に表現している。

2018-03-07-AY8I8405

側面に配されたストライプは比叡山の山霧をイメージしている。

2018-03-07-AY8I8509

インテリアは深い緑を基調とした化粧板に加え側壁のフラット化や大型整風板を設置することによりすっきりとした車内を実現。

2018-03-07-AY8I8653

着席スペースを明確にしたバケットシートを採用、シートには「神秘的な力・気」「御山の等高線」「歴史の積層」をイメージしたデザインが施している。

座席の両端や扉横には車両の象徴である楕円をイメージしたスタンションポールを設置。

2018-03-07-AY8I8572

立ち席スペースを車内中央に設置し、腰あてクッションを設置。

2018-03-07-AY8I8623

2018-03-07-AY8I8629

八瀬比叡山口方ドア付近のいすは折り畳み式となっており、車いす・ベビーカースペースとすることができる。

2018-03-07-AY8I8677

2018-03-07-AY8I8748

展望列車「きらら」と並ぶ新しい観光車両「ひえい」。

2018-03-07-AY8I8433

2018-03-07-AY8I8232

運行区間は叡山本線出町柳駅~八瀬比叡山口駅間、火曜日を除く毎日運転する。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「【フォトレポート】叡山電鉄、新しい観光車両「ひえい」を報道陣に公開