純正然としたフォルムに躍動感をプラス、高級スポーティ志向のレヴォーグ・ボディキットがさらに進化

K2GEAR REIZ[K2ギア ライツ]


純正+αでスタイリッシュさ引き出すライツプラスが一段落し、レヴォーグをスピード感ある洗練されたGTツアラーへと導くべくバンパースポイラーのライツ開発へ着手したK2ギア。

Aラインを際立たせてセンター開口部を大きく魅せるフロントバンパー、ダブルスリットワイドフェンダーと両サイドのスリットダクトをシンクロさせたリアバンパーで堂々たる佇まいを打ち出したのは2018年だが、インポート系プレミアムスポーツ中心にフォグレスがトレンドとなっていることから、早くもタイプⅡへのアップデート作業へ取り組んだ。


その仕上がりは一見フロントバンパーをフォグレスとしただけのようにも思えるが、立体感を一層高めるため両サイドの開口部は前方へ25mmも引きだされている。また、ボリューム変更にトータルバランスを最適化すべく、Aライン角度やリップスポイラー形状、さらにはリアアンダースポイラー形状までも細やかにデザイン変更が施された。

こうして誕生からわずか1年弱でアップデートされた、レヴォーグ用ライツ。「このタイプⅡでタイプⅠとは別のベクトルの理想のスタイリングが実現できた」と平山代表が満足げに語るほどの渾身作。
スピード感ある洗練されたGTツアラーを目指すなら、このアップデートスタイルは迷わず愛車へ注入すべきだろう。

純正バンパーとの違いもバッチリとオリジナルの顔つきに!!


写真は純正バンパーにライツのリップスポイラーを装着したデモカー。今回デビューのバンパータイプとの印象の違いはクッキリ。


シンプルスポーティな開口部を引き立てるライツ・フロントバンパー。フォグレス仕様となるタイプ2ではAライン角度を一層鋭角とし、両サイド開口部の立体感もボリュームアップとともに細かく洗練している。まさにGTツアラーと呼ぶにふさわしい顔つきだ。

バンパーサイドも細やかにアップデート


ダクトの立体感を高めつつ、リップスポイラーの両サイドは三角状に前方へボリュームアップ。

フォグレス仕様とするが、アタッチメントを開発予定だ。

ダクトワークで足もとの深みを演出するダブルスリットワイドフェンダー。バンパーサイドのダクトやサイドスポイラ


乗降性に配慮したボリュームながら、両端のカナードで存在感を主張するサイドスポイラー。アダルトさ高まる好デザインだ。


リアアンダースポイラーも両サイドに三角形状フィンを追加。ワイド&ローでスピード感有るリアビューを演出する。


GTツアラースタイルにふさわしい走りの頼もしさを添えるべく、6ポットブレーキシステムを用意。
近日中に4ポット仕様もリリース予定だ。


独創的マーカーデザインとシーケンシャルウインカーで視線引き寄せるギャラクシーウインカー。サイドセクションの好アクセントとして活用したい。


スタイルだけでなく機能系もバッチリおさえるK2ギア。
オリジナルECU・X-CORE(6万8000円~)はレベルに合わせた複数のプランがある。

インテリアパーツも充実


ECU含めた機能系パーツ&躍動感あるエアロパーツで定評あるK2ギアだが、ステアリングスイッチ対応スポーツステアリングや3Dフロアマット、ニーパッドにパドルエクステンションなどといった機能系インテリアパーツも豊富にラインアップ。
レヴォーグの魅力をトータルで高め上げているのだ。

問:K2ギア
tel.06-6932-7772
https://www.k2k2.jp

スバルスタイル vol.002より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「いよいよ登場!? GTツアラー顔をレヴォーグにプラスするバンパーエアロ