タフ&スマートを実現!
質感と機動性を高めた新型CR-V


HONDA/CR-V
ホンダ/シーアールブイ(RM1/4型) 2011年11月発表


中古車 試乗 インプレ 当時 ホンダ CR-V
今回の新型で4代目となるCR-V。目指したのは、乗用車としての燃費性能と乗り心地/ミニバンのような機能性と使い勝手/SUVの安心感と頼もしさの3項目。結果、これまでにないレベルを極めた“SUPER”CR‐Vだという。

エクステリアは「BOLD&ADVANCE(大胆かつ先進的)」がコンセプト。シャープな眼差しのヘッドランプと一体感を持たせたフロントグリル、ホイールアーチやボディ下端をガーニッシュで覆うことで力強さを表現したロア周り、曲率の大きなテールゲートガラスのリアビューなどが主な特徴。

先代のイメージを漂わせつつ、より存在感が増した印象だ。フロントバンパーや後方まで延ばされたルーフ、リアコンビランプと一体形状のテールゲートスポイラーなどは空力を考慮したデザイン。フロアアンダーカバーなどと合わせCd値は約8%向上している。

ホイールは、先代では17インチと18インチが標準だったが、新型は17インチのみの設定だ。

ボディサイズは、全幅とホイールベースは先代と変わらないが、全長、全高はともに30㎜縮小。最低地上高も15㎜低い。これも空力特性に寄与し、同時に取り回し性も向上した。

ところが、室内長は先代比+225㎜、ラゲッジ容量は+65ℓを確保。ヘッドクリアランスはヒップポイントを下げることで先代と同等としているなど、パッケージングの高効率化を実現している。

インパネまわりは乗用車ライクで上質な出来映え。視認性に優れた自発光メーターは省エネ運転を色の変化で教えてくれるコーチング照明を備えている。リアシートは6:4分割式でラゲッジサイドにあるレバーを引くだけで座面が持ち上がり、背もたれが前に倒れるワンモーションフォールダウンシートだ。

センターコンソールにはA4サイズのバッグが収納出来るボックスを備えるなど収納関係も充実している。

パワートレーンはFFと4WDで異なっている。FFは2ℓのSOHC i‐VTECでミッションはCVT。4WDは2・4ℓのDOHC i‐VTECにパドルシフトによる操作が可能の5速ATを搭載した。

2ℓはクラストップの低燃費を達成。2・4ℓは先代よりもパワー、トルクともに高められ、燃費性能も引き上げられた。4WDシステムは新開発のリアルタイムAWD(インテリジェント・コントロール・システム)。VSA、ヒルスタートアシストは全車標準されている。



SUVとしての機動性・機能性をスタイリッシュなフォルムに包み込んだニューCR-V。先代のイメージを残しながらも、より洗練され、存在感を高めている。

リアコンビランプと一体形状のテールゲートスポイラーを装備。またリアピラーのデザインがとても特徴的だ。20Gと24Gでは外観の差はなし。「AWD」のエンブレムの有無程度だ。

運転のしやすさを追求した新型CR-V。洗練されたコクピットは質感高く仕上げられた。また見切りもよく、市街地のドライブでもドライバーの負担を抑える。

全長&全高はともに30㎜縮小したが、室内長では225㎜プラス。またヒップポイントを下げることでヘッドクリアランスも先代同様の余裕を確保した。



ラゲッジ容量は先代比+65ℓを実現。リアシートは6:4分割タイプで、ラゲッジのレバーを引くだけで座面が持ち上がり背もたれが前に倒れるワンモーションフォールダウンシートを採用。

※記事の内容、価格、スペック等は2011年11月のデビュー当時のものです。その後の一部改良等で変更になっている可能性もあります。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「ホンダ・CR-V(2011年11月〜2016年3月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー&試乗記