矢のようなデザインが流れる美しいシーケンシャルウインカー
大人な仕様を狙える“ブロンズゴールド”が登場

AVEST/Vertical Arrow TypeZs DoorMirror WinkerLens
アベスト/ヴァーティカルアロー タイプZs ドアミラーウインカーレンズ ハイエース200系用

AVEST アベスト ヴァーティカルアロー ウインカーレンズ シーケンシャル 200系 ハイエース レジアスエース カスタム
明るさを求めたハイスペックなハロゲン、白さと明るさを追求したHID、明るさはもちろん、省設計で自由度が高い先進的なLED。ライティングのカスタムは、素材の進化とともにブームが移り変わってきた。

いまはもちろんLEDがその主流にあるが、中でもウインカーをメインとしたシーケンシャル(光が流れる)機構を持ったパーツは、いま爆発的なブームにある。

ドアミラーウインカー、ハイマウントストップランプ、さらにはルームランプに至るまで、シーケンシャルアクションを取り入れたパーツを多く手掛けるAVEST(アベスト)。

車種ラインアップの多さや、ライティングパーツとしての信頼性の高さはもちろん、ディテールにまでこだわる優れたデザインにファンは多い。

そのアベストが手掛ける人気パーツのひとつが、200系ハイエース・レジアスエース用のヴァーティカルアロー ドアミラーウインカーレンズ。

旬のシーケンシャル機構を取り入れ、メッキラインにより数ブロックに区切られた矢のような発光面が、前方から後方に向かって次々と点滅していく姿は、他にはなく、上質かつ先進的だ。

発光面は限りなく均一に光る面発光とし、さらにレンズ後端には後ろ向きにLEDを装着することで、後方から接近するクルマからもはっきりと視認できる実用性の高さも魅力。

ウインカー非点灯時にはブルーもしくはホワイトのオプションランプを常時点灯させておくことができるし、ドア開閉時に足元を照らすフットランプも備わっている。

さらに魅力的なのが、従来のクロームメッキに加え、レンズ内のメッキカラーとして新たに追加されたブロンズゴールドの存在。

ギラギラとせず、さり気なく輝きをアピールするブロンズゴールドは、大人なカスタムを目指す人にはぜひお薦めだ。

矢をモチーフとしたセグメントブロックデザインが、ヴァーティカルアローシリーズの特徴。シーケンシャル機構は付属のスイッチでオン/オフの切替が可能。


ウインカー非点灯時に常時点灯させ、ライティングアピールができるオプションランプは、ブルーとホワイトから選べる。ブロンズゴールドはホワイトのみ。

適度な拡散性を持ったホワイトLEDで、足元を照らし出すフットランプ。夜間の乗り降りなど、足元が暗い場所で便利な機能。

新色のメッキライン“ブロンズゴールド”


レンズ内のメッキ部分のカラーは、従来煌びやかなクロームのみだったが、新たにブロンズゴールド(+3000円)が追加された。セグメントのデザインを際立たせ、あえて煌めきを抑えることで、落ち着いた雰囲気を作り上げる。

製品は左右ドアミラーカバーとレンズ、配線一式、汎用の取り付け説明書がセットとなる。未塗装に加え、純正色塗装済みも選べる。

【SPECIFICATION】
●適合ハイエース(200系 1型~5型 S-GL GLパック付車)、レジアスエース(200系 S-GL GLパック付車)
●価格:未塗装:3万1000円 塗装済み3万6300円
●インナーカラー:クローム、ブロンズゴールド(3000円UP)
●オプションランプカラー:ホワイト、ブルー(インナークロームのみ)

問:アベスト 053-414-5416
https://avest.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_霜田奈緒]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「これはもう商用車の車格ではない!! 美しく流れるシーケンシャルウインカーが先進的で高級感抜群|AVEST PR