【LEXUS LM妄想カスタム】

旬のエアロメーカーにCGを作ってもらいました!

レクサス LEXUS LM CUSTOM エアロ カスタム アーティシャンスピリッツ
2019年4月、中国で開催された上海国際自動車ショーにて、世界で初めてお披露目されたレクサス・LM。レクサスの最上級“L”を冠し、しかもレクサス初のミニバンということで、世界的に話題をよんでいるクルマだ。

現状では、まだお披露目されただけで、中国や東南アジアでの販売も始まっていない。日本への導入があるかどうかも分からない。が、しかし!! スタワゴとしてはぜひとも日本導入が決まって欲しい!!
ということで、旬のエアロメーカー6社に、「もし日本にLMが導入されたならどう魅せる!?」ということで、エアロパーツのCGを作ってもらいました!

そもそもが、間違いなく最もデカいスピンドルグリルを備えていて迫力も存在感も強烈だが、やはりローダウンして、インチアップして、エアロパーツまで加えると実にシビれる雰囲気に。

第三弾はレクサスのカスタムパーツを豊富にラインアップするアーティシャンスピリッツ!

ARTISAN SPIRITS/アーティシャンスピリッツ

リアルカーボンで差別化を!
レクサス LEXUS LM CUSTOM エアロ カスタム アーティシャンスピリッツ
レクサスに積極的なアーティシャンスピリッツの公文社長は「日本発売ならきっとやります!!」と力強く宣言。

「30アルファードでも設定しましたが、リアルカーボンを使ったフラップエアロを提案してみたいですね。メッキパーツもカーボンエアロに合わせてブラックアウトしたら、LMの違った魅力を引きだせるんじゃないかと思います。それからインテリアの提案も色々してみたい」

アーティシャンスピリッツが得意とするレクサスブランド。これまでセダン、クーペ、SUVなどほぼ全てのモデルに対し、ボディパーツをはじめ、上質なカスタムを提案してきた。

LMに対してのアプローチは、旬のフラップエアロ。カーボンを使った高級スポーツ志向で、もし仮にLM Fっていうグレードがあったとしたら、こんな雰囲気を纏うのだろうか。

スピンドルグリルを大胆にブラックアウトするというのもスパルタンな印象で渋い。

アーティシャンスピリッツ
http://www.artisanspirits.co.jp

[Text byスタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「こんなレクサスLMがあったら乗ってみたい!エアロメーカーのCGを公開!【LEXUS LM妄想カスタム】|アーティシャンスピリッツ