ケーランプス Lanps

仕事に、アウトドアに大活躍自由自在アルミボックス

ランプスが活躍する飛騨高山地方は、言わずと知れた豪雪地帯。そのため雪に耐えられる鉄骨+アルミ幌を軽トラの荷台に積むこともあるのだが、それではやっぱり重すぎるし、融雪剤などでサビてしまうことも多かった。それを解決しようと考案されたのが、このケーランプス。頑丈なアルミフレームを素材としたボックスで、豪雪に耐えるチカラと負担にならない軽さとの両立に成功した逸品だ。しかもこのボックス、三方開きが可能となるため、農作業などでは狭い畑道でも三方どこからでも収穫物を積むことができるというスグレモノ。農地以外でもパネルを開けばシェードにもなってくれるなど、農業以外の仕事でもいろいろと使えるし、釣りやアウトドア、移動販売車、雨に濡れない簡易的な作業場など、アイデア次第でどんな用途にも活用できるのが魅力的だ。ちなみにこのパネルには、良心的な価格でボディプリントを施すことも可能。PhotoShopデータを持ち込めば写真でも絵でも何でも再現できるため、宣伝にもドレスアップにも活用できてしまうのだ。ボディプリントを施したパネルをボックスベースに差し込むカタチでの装着となるため、気分や用途などによって、複数用意しておいたパネルを着せ替えて活用するといった使い方ができるのも、塗装やラッピングとは違って便利かつ経済的だ。キャビンとボックスとが切り離された空間となるため、例えば汚れた荷物や匂いのあるモノなどを積んでも乗員は快適だし、万が一汚れたとしても荷台を洗えるから心配は無用。農家のために生まれたボックスだが、他のあらゆる仕事でも使えて、アウトドアやキャンプといった遊びにも使えるケーランプス。あなたはコレ、どう使う?

三方フルオープン時は作業性バツグン

●価格: 標準(荷台からの高さ約119㎝) 37万円(税別)
ハイルーフ(荷台からの高さ約128㎝) 39万8000円(税別)
●オプション:アオリロック・1カ所1090円(税別)/アルミキャリア4万9000円(税別)
●対応車種:200/500ハイゼットトラック、DA16キャリイ、HA8アクティー


一方だけを開くことももちろん可能で、開いたパネルはシェードにもなってくれるし雨よけとしても有効。荷物も工具も自分も濡れないから快適。

駐車スペースが限られている街中での出荷作業時などには、後方のみを開ければスムーズな積み降ろしが可。ボックス自体も軽く、負担も少ない。


強度を考慮した複雑な断面を持つアルミフレームは、縦方向に強く、豪雪にも耐えられるだけのスペックを確保。ステーはアオリとツラが合うようL字型に。

丸形のドアノブはもちろん鍵付き。ちなみにパネルには断熱材が標準装備されるが、オプションでさらに断熱材の追加も可能。

純正のロックだけでは車外からアオリを開けられるため、外から開かないようにする内鍵としてアオリロックをオプション設定。防犯にも配慮されている。雨漏りを防ぐウェザーストリップは標準装備。ルーフラックも搭載可能だ。

天井部分のフレームはU字型で、ネジ式のオプション吊り下げ用リングを装備すれば、ランプや釣り竿、ハンガーにかけた服などを引っかけられる状態に。アウトドアなどでも便利。

仕事に遊び、使い方はアイデア次第

趣味としてケーランプスを使っている人は、釣りやBBQなどのアウトドアを楽しむ人が多いそう。林サンいわく「こたつにミカン、という人や、フェスでプライベート空間確保に使う人も」。
 
そもそもが雪国での農作業快適化が目的のケーランプスだから、積載量もたっぷりで、集荷物の保護にも最適。夏場は簡易保冷車にも。

三方すべてを開けば、天候を気にすることもないため、移動販売や休憩所、作業場としてもケーランプスは活躍。荷台が汚れても洗えるというのも便利で、さまざまな用途に役立つこと確実だ。

ランプス

スタッフの林サン(右)、今井サン(左)は「ボディプリントしたパネルを複数持っておけば、着せ替えて遊ぶこともできます。アイデア次第でいろいろ楽しめますよ」。

ケーランプスのパネルにはボディプリントを施工可能。PhotoShopデータがあれば一平方メートルで約1万円。送料含めて3面すべてに施工すれば約6~7万円となる。

☎ 0577-62-8556 http://www.lanps.jp
●住所:岐阜県高山市片野町5-178-1
●営業時間:9:00〜18:00


(Vol.23 Kトラパーツブック 2019)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「仕事に、アウトドアに大活躍自由自在アルミボックスほか|軽トラ実用パーツまとめ5|ケーランプス