30系後期 ALPHARD & VELLFIRE D-UP最新案内

【純正LED仕様車専用 LEDルームランプ】SIXTH SENSE[シックスセンス]


アルヴェルカスタムにおいて、業界随一のパーツラインアップを誇るシックスセンス。数ある商品の中で、いま爆発的ヒットを飛ばしているのが純正LED仕様車専用のLEDルームランプ。
一部グレードで純正LEDを採用しているアルヴェルだが、正直LEDとは思えないほど暗く、照射範囲も狭い……。そんな純正LEDを基板交換で強化できる。
一般的なバルブ交換によるLED化と違い、LEDチップが設置された基板とそれをコントロールするユニットも交換する必要があるため、製品化が難しく市販品も少なかった。それをボルトン交換できるユニットを開発。
ただしボルトオン交換とはいえ、基板は精密部品で細かなツメも多いため、DIYが苦手な人は、プロショップでの交換作業をお願いしよう。

FRONT

純正

運転席まわりを照らすLEDルームランプ。純正との違いは一目瞭然。拡散性の高い専用レンズによってより広範囲を照らす。

REAR

純正

後部座席天井の両サイドへ設置されているリアルームランプ。単純にLEDの数が増えているだけでなく、一粒一粒が明るい。

FRONT

純正とボルトオン交換するLED基板のほか、ルームランプのレンズ部分全域をカバーするLED基板のセット。専用レンズも付属している。

  • 価格:フロントセット 1万円
  • 適合:アルヴェル前期&後期(純正LEDルームランプ車)

REAR

リア用のLEDルームランプは、天井両サイド全4カ所を交換する。フロント同様、専用のスモークレンズと基板2種類がセットになっている。

  • 価格:リアセット 1万円
  • 適合:アルヴェル前期&後期(純正LEDルームランプ車)

交換は純正ユニットをはずし分解>>専用ユニットに付け替える

ショップでの参考工賃/7000円前後(全5カ所)

FRONT

内張りはがしなどをパネルの隙間へ差し込み、純正ルームランプのユニット本体を天井からはずす。


基板を取りはずすため、各部分のツメを押して分解。ツメを割らないよう慎重な作業が必要になる。


各パーツを丁寧にはずしていくとこんな感じ。パネル本体は流用するので、傷つけないように。


カプラーで固定されている基板もはずす。上が純正で、下が今回使用するシックスセンス製の基板。


基板本体は純正と同一サイズなので、純正のルームランプユニットへキレイに収まる。


続けて両サイドのスペースにもLED基板を設置しカプラーオンで配線。あとは元に戻せば完了。

REAR

リア用のルームランプはエアコン吹き出し口と一体となっている。このユニットごと取りはずす。


レンズ部分のパネルを取りはずす。内張りはがしなどを隙間に差し込み、慎重にパネルをはずす。


本体裏側に純正LEDルームランプの基板がある。ネジで固定されているのでドライバーを使う。


純正のLEDランプと基板を取りはずす。パネルが非常に小さいので、ツメなどを割らないよう注意。


本体裏側と表面それぞれへLEDの基板をセットする。車種専用設計だから当然ジャストフィット。


最後に付属のレンズカバーをセットすれば完了。作業はすべてボルトオン交換だが、難易度は高め。

(スタイルワゴン 2018年8月号)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「基板ユニットのボルトオン交換で見違えるほど明るくなる!! 純正LEDランプを大幅強化|30系トヨタ・アルファード・ヴェルファイア