ハイビームアシストの機能がついた車が普及してきていますが、まだまだ多くの車は搭載されていないのが実情。
あなたは夜間走行時ハイビームロービームどちらで走行してますか?

夜間走行はハイビームが基本

夜間走行時多くの人がロービームで走行されているのではないでしょうか?
ハイビームで走行していると対向車にまぶしいからと、ロービーム走行している人が多いと思います。
ですが、道路交通法とその保安基準や告示によって、夜間やトンネル内などの暗い場所では原則としてハイビームで走行することが基本とされています(但し対向車とすれ違う時などにはロービームに切り替えることとされている)。
ちなみに5万円以下の罰金という罰則もあります。

それでもロービームが多い理由は

実際にはハイビーム走行が推奨なのにロービームで走行している人が多いのは、やはり対向車に対してまぶしいからというのが一番の理由のようです。
夜間、ハイビームが基本でありながらも、対向車とすれ違うときなどにはロービームに切り替えることも定められているため、道路状況によっては、ハイビームロービームの切り替えが面倒などというのもその理由のひとつのようです。

見える距離が大きく違うのでうまく活用しよう

街中の街灯などで比較的明るい道路などでは、ロービーム走行でも遠くまで視認することができるかもしれませんが、比較的暗い郊外の道路を走行するときには、ハイビームは上手に活用したいもの。
なんといっても、ロービームに比べて遠くまでヘッドライトの光を照射させることができるので、視認性もよい。
当然その分、対向車への配慮は必要になってくるが、安全性を考えると是非ハイビーム走行をうまく活用してきたい。
実際にハイビーム走行を推奨しているモデル路線なども出てきているのだ。

(ドレナビ編集部)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「ハイビーム走行が基本? 夜間走行のヘッドライト | フジモンのクルマ生活豆知識