SPOT – 場所

基本はボトムまわりの3点

【フロント】【サイド】【リア】の3箇所がエアロの基本。すべてを用意するブランドもあれば、フロントとリアのみ、またはフロントのみという場合も。同じブランドで3点、4点とまとめ買いする場合、一部で割引が適用されることもある。SUV特有のアンダーボディにある黒樹脂部分に沿って装着するエアロが多い。

フロントスポイラー

スタイリングの印象を、もっとも左右する要所。純正バンパーまわりを加飾するエアロで一番目立つポイントだ。

サイドステップ

純正にはサイドステップと呼べるものがなく、被せ型が主流。上段部のパネルを加飾するパーツも一部ブランドにあり。

リアスポイラー

底部が立ち上がるディフューザーが人気。純正バンパーの下段が外れるため、その部分だけ交換する場合と被せ型がある。

TYPE – 種類

形状違いで3タイプ

純正と取り替える【バンパータイプ】、純正の下半分に追加する【ハーフタイプ】、純正底に追加する薄型の【リップタイプ】がある。LEDなどがエアロに付属する場合と、別売りの場合があるので要注意。現状では圧倒的にハーフ(またはリップ)が優勢。塗装済みも多く、2色塗り分けに対応する場合も。

バンパースポイラー

純正との交換型。占有面積が多いため、もっとも個性を主張しやすいなど効果絶大だが、商品代や塗装代が高額傾向に。

ハーフスポイラー

純正に追加する被せ型で、比較的手軽に始められる。LEDが付属、または追加できる場合も。アンダーとも呼ぶことも。

リップスポイラー

バンパーの底部に追加するリップは薄型で小さいが、ハーフをリップ、リップをアンダーと呼ぶこともあるなど、見解は様々だ。

OTHER – こんなパーツも!

バンパーガーニッシュ

C-HRドレスアップの一等地と呼ばれる、純正バンパーの正面をドレスアップするためのパネル状エアロ。メーカーごとにデザイン差があり、塗り分けにより変わる表情の違いにも注目を。

リアウイング

バックドア上の純正プチウイングの上に被せるモデルや、大型系の交換型まで、いろいろなデザインから選べる。デザインだけでなく、ルームミラーからの後方視界にも注目したい。

エアロ選びはココもポイント!

エアロには塗装が必要、バンパーでは手元に残る純正品の処理にも配慮を

エアロはボディカラーにあわせた塗装が必須。購入時に取り付け店にて塗装してもらうか、メーカーサイドで塗装したエアロを購入することも可能。ただし、その対象は純正全色ではなく、パールなどの人気色に限定している場合もある。リアルカーボンはモノによるが基本表面のクリア塗装が必須。クリア塗装済みの場合と、塗装なしがあるので、必ず確認を。
また、バンパーエアロや、一部交換型のリアハーフを購入した場合は、手元に純正バンパー(パーツ)が残る。保管するのか、処分するのかも頭に入れておきたい。

エアロを装着するまでには本体以外にも費用がかかる


メーカーや地区、店により見解は異なるが、基本は下記のコストが発生。個人宅への配達は大きさにもよるがNGな場合が多い。

(ドレナビ)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「TOYOTA C-HR エアロ選びの初歩的ポイントをおさらい!