クルマという狭い空間になると臭いは気になるもの。
特に寒い冬になると、なかなか窓を開けることも少なくなりがちで、嫌なにおいはこもりがちになる。
クルマの中の臭いが気になるあなたに、クルマのくさい臭いを解消する方法を、2回に分けてご紹介。
今回は後編。

送風口の奥の汚れや臭いは専用のクリーナー

送風口奥のカビなどが原因の悪臭には専用のクリーナーが便利。比較的大き目のホームセンターや
カーショップで販売されている。なかなか掃除することの少ない箇所なので、思い立って掃除する場合は
専用品を使ってきれいにしておけば頻繁におこなう必要も無くなる。

エアコンフィルター交換でリフレッシュ

エアコンフィルターはなかなか交換頻度の低いものだが、これを交換することでもクルマ内の悪臭を改善させることもできる。
最近では花粉やPM2.5などにも対応した商品もあるので、悪臭対策だけでなく、花粉症などの対策にもなり、一石二鳥。
一度フィルターを確認し掃除するだけでも変わってくるので、この機会に一度チェックしてみるのもいいかもしれない。

フロアマットも定期的に洗うと良い

意外と足元から悪臭がというケースもある。
足元からの悪臭を解消するのには、フロアマットを清潔にしておくのを忘れずに。
ガソリンスタンドの洗車コーナーなどにある、マット洗い機を活用してフロアマットを洗い、清潔にしておこう。
ただし、洗った後はよく乾燥させず、生乾きのまま使用していると、悪臭の原因になる場合もあるので注意が必要だ。
また、内装(シートや天井など)に染みついている臭いは市販のクリーナーなどで洗ったりふき取ったりすると改善される。

[フジモン] (ドレナビ)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「あなたのクルマは大丈夫?クルマのくさい臭い解消術 後編 | フジモンのクルマ生活豆知識