タイヤ&ホイール マッチング術を指南!

カーポートマルゼン流

タイヤ&ホイールの専門店として活躍するカーポートマルゼンは、もちろんプラドへのマッチング実績も豊富。

そんなこれまでの経験から、プラドで狙うべきスタイル&サイズ、ホイール&タイヤの選び方を聞いてみた。

足元にこだわるのならぜひ、参考にしてほしい。


西宮店 山本大地サン
「もちろん普通のラジアルタイヤで、カッコよくキメるのもあり。ただしせっかく4WDで走破性にも優れるから、ブロックタイヤ、オススメです」。

オフ系なら小径をムチッと都会派路線は20インチで

マルゼン西宮店は、プラドなどのハイエンドSUVのオーナーも多いそう。

そんなプラド・オーナーに共通するのが、何はなくともブロックタイヤというのが王道の選択なのだとか。

「インチダウン、インチキープの場合は大きなタイヤをムチッとさせて履くのが主流で、インチアップ派でもほとんどがブロックタイヤを選ばれます。せっかくオフロードな雰囲気を出せる車種、ブロックタイヤは必須ですね」。

そしてマルゼン流では、ガッツリとリフトアップしてダートコンペティション風に、というよりは、上品な路線で足元をコーデするのがオススメだ。

「やはりプラドという車格を考えると、デザインや雰囲気重視なセレクトが失敗しにくいです。マット感のあるちょっと派手めなホイールに、例えばホワイトレターのブロックタイヤとかで、雰囲気をガラリと変えるのがイチオシです」。

タイヤ&ホイールを選ぶ際に、雰囲気以外で注意しておくことは何だろう。

「タイヤサイズを大きくするときには、ステアリングを切ったときの干渉には要注意です。それと、外径の誤差。より大きなタイヤを履くならご注意を」。

つまりプラドをよりスタイリッシュに楽しむには、迫力があって見栄えのいいブロックタイヤと、変わり映えする20インチか、もしくはワイルド感のある17インチホイールを組み合わせることが、失敗しないコツだということ。

「マルゼンでは、愛車の横に希望のホイールを置いて、雰囲気やマッチング具合をチェックしてもらうことが可能です。もし悩んだら、ぜひご相談を」。

カーポートマルゼン西宮店

西宮店は国道171号に面し、クルマでのアクセスが至便。
在庫するタイヤ&ホイールのバリエーションも豊富で、プラドにも精通する。

住所:兵庫県西宮市大島町5-6
☎ 0120-925-717
https://www.maluzen.com

インチキープ&ダウン派は…

17×7.5+25 & 265/ 65-17!!

プラドでオススメなのは、インチダウンというよりもインチキープ。
タイヤが大きいと外径誤差が発生するため、安全面を考えたタイヤサイズの選択が必須となる。
大胆に小径化して大幅なリフトアップで、というよりも、プラドらしい車格感を生かした選択が推奨。

17インチホイールならコレ!
ロクサーニ バトルシップⅡ

デザインはやや派手めで、変わり映えがしっかり
あるモデルが狙い目。リム深度も重要。

ロックケリー MX-Ⅱ

オフロード系ブランド、ロックケリーは注目。ワイルドな意匠と力強いリムとが精悍だ。

ロックケリー MX-Ⅰ

MX-Ⅰはシンプルで、タイヤの個性やデザインを生かすのにも最適。
色味もオフ感満点。

WHEEL DESIGNの見ドコロ 1


ロックケリーMX-Ⅰは、センターキャップが標準装備ではなく、こうした無骨な雰囲気もプラドにはジャスト。
キャップはオプション。

オフロード感を盛り上げる要素としては、色味も大事。
イチオシはワイルドなマットブラック、イメージが変わるブラポリもオススメ。

インチアップ派は…

20×8.5+20 & 265 / 50-20!!

大口径ホイールに大きなタイヤを組み合わせれば、それだけで迫力、見栄えが激変。
タイヤハウス内に余裕があるプラドだが、走破性や安全性を考慮すると20インチという選択が現実的だ。
ただし20インチはブロックタイヤの選択肢が限られるため、その点は要注意。

20 インチホイールならコレ!
ロクサーニ バトルシップⅡ

20インチも用意されるバトルシップⅡ。
圧倒的なインパクトを与えられる意匠は必見だ。

レーベンハート GXL206

20インチはやや派手めな意匠で、足元を華やかにキメるのが王道。
旬のツイストが躍動的。

WHEEL DESIGNの見ドコロ 2


マルゼン曰く、20インチはデザイン性重視の選択が正解。
立体的でエッジ感が強く、華やかさも備わったホイールをチョイスすべき。

オフロード感をダイレクトに高めてくれる処理を、採用しているモデルも注目。
例えば象徴的なのがビードロック風。
パワー感もアガる。

オススメのタイヤはBFグッドリッチ!

普通のラジアルを履かせるのもアリだが、タイヤはやはり4WD感を盛り上げられる大きなブロックタイヤがオススメ。
憧れとしてはBFグッドリッチだが、ニットーと価格を比較すると、同サイズでかなりの差が出るので懐と相談して。
オープンカントリーも狙い目。

17&20 インチタイヤはコレ!
ニットー テラグラップラー(20インチ)

20インチのゴツゴツ系タイヤはまだバリエが限られている。
テラグラップラーは、貴重。

ニットー テラグラップラー(17インチ)

テラグラップラーは価格的にも良心的。
サイドまでデザインされているため耐久性も高い。

BFグッドリッチ オールテレーンT/A(17インチ)

余裕があるなら、威張り度も高いBFグッドリッチがイチオシ。
ホワイトレターも魅力だ。


どこにでも行けるプラドだから、オールテレーンやマットテレーンがオススメ。
ブロックデザインが大きく、迫力あるものが狙い目だ。

スタイル重視でのコーデがオススメなプラドだから、雰囲気を出せるホワイトレターはやはり注目。
オフロード感を一気に増幅できる。

ブロックタイヤの利点は、サイドウォールまでしっかりデザインされていて、耐久性や頑丈さに長けること。
見た目の精悍さも武器だ。

 

スタイルRV VOL.143 ランドクルーザープラド No.3(2020/3/26)より

スタイルRV VOL.143 ランドクルーザープラドNo.3 2020年3月26日発売

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「〈トヨタ・ランドクルーザープラド〉プラドの足元はブロックタイヤで! カーポートマルゼン流タイヤ&ホイール マッチング術