「ダイナミックシールド」を採用した
シャープで力強い外装デザインに進化

2012年8月にデビューした現行型の6代目は、コンパクトカーに生まれ変わって、約8年の年月が経過した。そんなミラージュが、2020年4月に2度目の大幅改良を実施している。
まず外装は大きな変貌を遂げている。フロント側は三菱のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用したシャープなフェイスに仕上げただけでなく、リア側はLEDコンビネーションランプやリフレクターを縦型にセットすることでワイド感を演出。新デザインの15インチアルミホイールに加え、ボディカラーにはホワイトダイヤモンドとサンドイエローメタリックの2色を追加設定している。
内装は、パワーウインドウスイッチパネルやメーターパネルをスポーティなカーボン調に変更。またフロンドドアアームレストの生地を肌触りの良いファブリックに変更することで、質感を向上させている点も見逃せない。
他にも、衝突被害軽減ブレーキが歩行者対応になっただけでなく、対車両速度は約5〜30km/hから約5〜80km/hに拡大。車線逸脱警報やオートマチックハイビームを標準化することで、サポカーSワイド該当車になったことも朗報だ。

外装

フロントは、「ダイナミックシールド」のフェイスに変身。グリル部を水平&垂直基調のスクエアなライン構成にすることで、シャープさをつから強さを強調。


リアは、L字型に均一に光る面発光タイプのLEDコンビネーションランプを新採用したうえ、縦型にリフレクターを配置することでワイド感と安定感を演出している。

ヘッドライト

上級グレードの「G」には、ハイ/ロービームや光軸調整機構付きのLEDヘッドライトと下部に光るLEDデイタイムランニングランプが標準装備となる。

テールランプ

LEDリアコンビネーションランプは全車標準。クリアとレッドのコンビカラーで、レッド部の大外がL字型に面発光する。

インパネ

インパネまわりのデザインに変わりはないが、パワーウインドウスイッチパネルをカーボン調に変更。フロントドアのアームレスト部の生地変更もしている。

メーター

メーターは左側にタコメーター、中央に速度計、右側に警告ランプなどをまとめた新デザインで、パネルはカーボン調に変更された。

シート


中央部に幾何学模様を配し、アクセントカラーを追加したシート生地を採用。「G」はブラック地にレッドのアクセントカラー(写真)、「M」はライトグレー地にブルーのアクセントカラーが入る。

衝突被害軽減ブレーキ(FCM)

衝突被害軽減ブレーキは、対車両が約5〜80km/hに拡大。さらに、対歩行者が約5〜65km/hまで対応になった。

オートマッチックハイビーム(AHB)

対向車や先行車を検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えるシステム。約30km/h以上で作動する。

車線逸脱警報システム(LDW)

フロントカメラにより、自車の走行車線を検知し、車線からはみ出したら警報ブザーとメーター表示でドライバーに注意を促す車線逸脱警報システムが標準装備された。

【SPECIFICATION】
M 143万2200円(2WD)
G 156万9700円(2WD)

問:三菱自動車お客さま相談センター 0120-324-860
https://www.mitsubishi-motors.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「〈三菱・ミラージュ〉内外装のデザインを大幅改良! 安全性能も強化してサポカーSワイド該当車にレベルアップ【新型車レポート】