外装のワンポイントにゴールド加飾を採用
さりげなく高級感をアップさせる人気のシリーズ

2002年にトヨタが誇る最上級ミニバンとして登場したアルファード。2008年に登場した2代目では兄弟車のヴェルファイアが追加。2015年から現行型である3代目に移行してからもミニバン人気を牽引するクルマであることは間違いない。
そんなアルファード&ヴェルファイアに、ゴールド加飾を施した特別仕様車が登場した。「なんか聞き覚えがある」という人も多いだろう。この特別仕様車は先代でも発売された人気のシリーズで、モデル末期ながら爆発的なヒットを飛ばしたからだ。
その特別仕様車が3代目でも帰って来た。
アルファードは「S」グレードをベースに、ゴールドの専用フロントエンブレムをセット。ボンネットフードモールやフロントバンパーモールなどをスモークメッキ化する。ヴェルファイアは「Z」グレードをベースに、ヘッドライトをゴールド加飾。漆黒メッキのフロントグリルやLEDフロントフォグランプモールなどの専用装備を施すことで、ゴールドをアクセントとした特別感のある外装に仕上げている。
ほかにも、内装ではウルトラスエードと合成皮革を組み合わせた専用シート表皮、メタルウッドの本革巻き4本スポークステアリングを採用。3眼LEDヘッドランプ、LEDシーケンシャルターンランプ、パワーバックドアに加え、ウェルカムパワースライドドア機能を追加したスマートエントリー+プッシュスタートシステムなど、あると便利な機能も特別装備される。
先代と同様に、期間限定での販売が予想されるので、欲しい人はなくなる前に購入すべし。

S“TYPE GOLD”

ボディカラーはブラックに加え、3万3000円高のホワイトパールクリスタルシャインとスパークリングブラックパールクリスタイルシャインとアルファード専用ラグジュアリーホワイトパールクリスタイルシャインガラスフレークの全4色。

Z“GOLDEN EYES”

ボディカラーはブラックに加え、3万3000円高のホワイトパールクリスタルシャインとスパークリングブラックパールクリスタイルシャインとヴェルファイア専用バーニングブラッククリスタイルシャインガラスフレークの全4色。

インパネ

本革巻き4本スポークステアリングはメタルウッド調、インサイドドアハンドルは前後がメッキの特別装備になる。また、AC100V/100Wのアクセサリーコンセントもガソリン車で1個、ハイブリッド車で2個特別装備される。

シート

シートは中央部に一定間隔で開けられる打ち抜き穴(パーフォレーション)加工が施されたウルトラスエード、両サイドに合成皮革を施したコンビ仕様の専用加飾となる。

【PRICE】
<アルファード>
S“TYPE GOLD” 424万円(2WD)/449万5000円(4WD)
HYBRID S“TYPE GOLD” 504万円(4WD)

<ヴェルファイア>
Z“GOLDEN EYES” 424万円(2WD)/449万5000円(4WD)
HYBRID Z“GOLDEN EYES” 504万円(4WD)

トヨタ自動車お客様相談センター 0800-700-7700
https://toyota.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「今週登場の新車をおさらい〈トヨタ・アルファード&ヴェルファイア〉先代で人気を博したアイツが帰って来た! ゴールド加飾を施した特別仕様車が登場!【新型車レポート】