激走するエアロカー

ROWEN

スポーツカーの魅力をトータルプロデュースすべく、ボディキットやエキゾーストに加えてボディ補強パーツやブレーキシステム、チューンドECUなどのパフォーマンスパーツ拡充もスタートさせたロェン。

今回持ち込まれたのは、スポーティに楽しく走ることをコンセプトとしたVABとなる。

エキゾーストのポテンシャルを活かすチューンドECUも気になるところだが、今回注目すべきはボディキットで引き締めたスタイルと走りを両立するために国産メーカーへオーダーして構築したフットワークだろう。

スポーティスタイルに欠かせない低さをしっかりと引き出しつつ、走りに影響するストロークも確保したという車高調「プレミアム・ゼロDS」。

さらにハンドリングのリニアさを高める各種ボディ補強パーツは、走りのクオリティアップへマストともいえるメニューだからだ。

チューナーとしてのスタンスで、VABの魅力引き上げを図ったロェン。

ボディキットと同じく、素材の良さをナチュラルに高めたアプローチは必見だ。


パワー追求自体は簡単だが個体差や耐久性、トータルバランスも踏まえ、あくまでもエンジン本体はノーマルのままで10%のパフォーマンスアップを目指してきた。


芸術的とも呼べるレイアウトでEJ20の排気効率を高めていくのが、ロェンのエキゾーストシステムだ。
求める性能や美しさに応じてステンレスとチタンで多彩なラインアップを展開し、音量面へと配慮した可変バルブ搭載モデルも用意。
18.7㎏と重量ある純正に対して10.95㎏までシェイプアップできるチタンならではの軽さも見逃せない!

EJ20 の素性を高めるECU チューンもOK!!

安全マージンを確保しつつ10%の性能向上を図るRRパフォーマンスECUは、現車セッティングも可能。また、クルコンの速度変更にも対応。

コントローラブルさ光るバランスの良さ!

インプレッション

久保凜太郎選手

ストロークと乗り心地の良さにこだわったフットワークセッティングということで、アンジュレーションの多い美浜サーキットでも路面を捕らえて放さない安心感。
スプリングレートは低いのでロールするんですが、補強パーツでトラクションが高められていることとグリップレベルの高いRE71R の相乗効果で、アクセルを踏み込んで走り抜けていくことができました。
エンジンに関しても排気&ECUチューンのみとのことですが、トルクの谷も一切なくて下からフラットにタービンを回していけます。
まさに走って良し、置いて良しのトータルパッケージングで、魅力溢れるVABへと仕上げられていますね。

FRONT

REAR

スタイルと走りの双方で魅力を高めるべく、国産メーカーへオーダーした20段階減衰調整・全長調整式のプレミアム・ゼロDS。
基準レートはフロント8㎏ / ㎜、リア6㎏ / ㎜だが、走りのスポーティさを重視したデモカーは前後2㎏ / ㎜ずつレートアップされていた。
なお、オーダー時のレート変更は無料だ。

各部の剛性アップでシッカリ感のあるフィーリングを


無駄のない必要最小限の造形でフロント左右のタワーを結んだストラットタワーバー。
リニアなハンドリング、シャープな動き引き出しに効果テキメンだ。


縦横方向の剛性アップを果たすリアサイドレインホースメント。
最低地上高に配慮したボルトオン設計となっていて、リアレインホースメントとのセットアップでトラクションが高まる。


STIフレキシブルドロースティフナーを利用してフロント下部の空力を最適化。塗装仕上げのステンレスのほか、カーボンも設定される。


純正とのコンビネーションを重視したハーフスポイラーで、ダウンフォース強化やクーリングといった空力面も細やかにブラッシュアップ。
ダクトワークとディフューザーでスピード感高めたリアバンパーはSTIリアアン
ダースポイラーと同時装着も可能となっている。


純正エアバック&ステアリングスイッチ対応のDシェイプステア。
ガングリップ仕立てでスポーツドライビング時の操作性も格段に高められる。

視線惹きつけるテールデザインにシーケンシャルウインカー搭載。
マットブラックインナーに高級感高まるクリアレンズをあしらった。

片側10 ㎜ワイドへ仕上げられたフロントフェンダー。
フロントトレッド拡大によりVABの課題となる回頭性を高めることが可能だ。

フロント開口部で存在感放つフロントレインホースメント。
横方向の剛性アップとともにコーナリング時に生じる捻れの力を抑制する。

Specifications

BASE CAR
● WRX STI (VAB)
WHEEL & TIRE
●ホイール/プロドライブ・GC-05R(19×9.5J)
●タイヤ/ブリヂストン・ポテンザRE-71R(245/35)
SUSPENSION
●車高調/ロェン・プレミアムゼロDS 26 万円
TUNING
● RRパフォーマンスECU 14 万8000円
●ストラットタワーバー 2 万円
●フロントレインホースメント 2 万4000円
●リアサイドレインホースメント 1 万9500円
●リアレインホースメント 2 万4000円
●アンダーフロアスポイラー 2 万7000円〜
●マフラー:プレミアム01TR「ヒートブルーチタン」
38 万円〜
EXTERIOR
●フロントスポイラー 6 万円
●フロントグリルエクステンション 6 万円
●ロアグリルエクステンション 5 万円
●サイドダクトエクステンション(カーボン) 7 万5000円
●アイラインガーニッシュ 1 万7000円
●ボンネットダクトエクステンション 2 万2000円
●フロントフェンダー 12 万1000円
●サイドアンダースポイラー 7 万円
●サイドアンダーフラップ(カーボン) 5 万8000円
●リアバンパー 12 万1000円
●トランクスポイラー 3 万8000円
●リヤガーニーフラップ 4 万2000円
●アグレッシブLEDテールランプ 8 万3000円
●アグレッシブアロー 3 万5000円
INTERIOR
●ロェン・スポーツステアリング 7 万円

問:ロェン ☎︎ 0565-52-8555 http://www.rowen.co.jp

SUBARU Style Vol.5 (2019.12.27発売)より

スバルスタイルVol.5

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「サーキットでも存在感はピカイチ!〈スバル・WRX STI(VAB)〉エアロから可変バルブ付マフラー、ECUまで