ハイテク車両盗難のリレーアタックに
純正キーで操作可能な防御装置を開発


Beat-Sonic/Shutout
ビートソニック/シャットアウト


ビートソニック シャットアウト リレーアタック 車両盗難 セキュリティ
ここ1〜2年で“リレーアタック”という新手のハイテク車両盗難手法による車両窃盗事件が多発している。

特殊な機械を使って、クルマのスマートキーが発する電波を傍受し、クルマに「近くにキーがある」と誤った情報を与えることで、エンジンを始動させる手口だ。

カーセキュリティ専門業者の人によると「多発エリアのレクサスLX、RX、トヨタ・ランクルプラドが根こそぎやられている」という。ただ、装着されている既存のカーセキュリティでは対応できない場合もあり、対処としては電波を遮断する専用のポーチ、ステアリングをロックするなどがあるが、乗降車時の毎回の手間となり、あまり継続的な対策が取られていないという。

そんなリレーアタックに対し、ビートソニックは100%防止できるトヨタ車・レクサス車向けリレーアタック防御装置「シャットアウト」を開発。

独自の特許技術で、純正キーで操作可能。車両側に取り付けることで、リレーアタックで悪用されているスマートエントリーを無効化し、愛車をリレーアタックから完全に防御できる。

使い方はいつもと同じ! 通常のスマートロックの操作で機能がオンになる。オートモード、マニュアルモードどちらの場合でも、純正リモコンキーのロック動作で機能がオンになる。

また、独自技術のキーレス連動型で、手間を最小限にでき、別リモコンも不要。車両盗難や窃盗はリレーアタックだけではないので、この「シャットアウト」は、他社のカーセキュリティとの併用も可能だ。

トヨタ車およびレクサス車にカプラーオンで取り付けができ、適合車種は盗難のリスクが高い車種をほとんどカバーできるよう、3機種を発売。取り付けはステアリングコラム内で完結するので簡単。本体サイズも40×25×57mmと小さいので、邪魔にならない場所に設置できる。取り付けに関しては、必ず専門の業者に依頼することを推奨。

ちゃんと愛車をロックしていても、持っているスマートキーの電波を傍受して、クルマに誤った情報を与えてエンジンを始動させてしまうリレーアタックを完全シャットアウト!

別リモコンが不要で、純正リモコンでいつも通りに操作するだけ! 開錠はリモコンキーのボタンを押す必要がある。

ここ1〜2年で急激に増加したリレーアタック。既存のカーセキュリティシステムで人気のキーレス連動型では防ぐことができない。

代表的な対応車種。車両盗難で狙われている上位車種であるレクサスRX/LX、トヨタランクルプラドをはじめとするトヨタ車、レクサス車に対応、現在適合車種を拡大中。詳しくはビートソニックのホームページを確認。

【PARTS SPECIFICATION】
●商品名:リレーアタック防御装置「シャットアウト」RAG01/RAG02/RAG03
●価格:1万8000円(税別)
●適合車種:トヨタ・ランドクルーザープラド、レクサスRX、レクサスLXなどトヨタ車・レクサス車多数 ※スマートキー装着車に限る
●機能ON時消費電流:6mA以下
●本体サイズ:W40×H25×D57mm
●重量:約50g
●同梱品:本体、スイッチ、接続ハーネス、結束バンド、ウレタンシート、取扱説明書/保証書

問:ビートソニック 0561-75-1655
https://www.beatsonic.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「リレーアタック対策してますか!? 純正キーで操作できる最新車両盗難の防止アイテム