味わい深いアンティークレザーを、上質なホワイトスモークで魅せる

antique Design S PREMIUM LINE

grace

シートカバーを中心にインテリアのトータルコーディネイトを図るグレイス。
今回クローズアップするのはWEB限定販売のプレミアムライン・アンティークデザインSだ。

ちょうど1年前にデリバリーとなったデザインSは、アンティーク家具をイメージさせるオールドレザー調素材で取り組んだもの。
これまでのインテリアでは成し得なかったオールドレザーの質感を最大限に高めるべく、スッキリとした立体感を放つストライプデザインを軸にブラウンの縁取りやレザーバッチといったアクセントを効かせ、ネオクラシックなジムニーのエクステリアに映える、味わい深きインテリアを構築している。

さて、そんな注目シリーズへ加わったのが、新色のホワイトスモーク。
クリームイエローやキャメルといった従来色もオールドレザーの風合いとバツグンのコンビネーションだったが、凛としたオーラ放つホワイトスモークは写真からもわかるように従来色とは一線を画した仕上がりだ。


なお、インテリアへのホワイト注入は汚れやすいといったイメージから敷居高く感じるかもしれないが、高級感ある明るさの中に年月重ねた質感を加えたホワイトスモークなので使い込んでいっても風合いは一切損なわれない。
また、光沢処理を加えた表皮は通常のシートカバー同様に水拭き&空拭きでメンテがOKなので、安心してホワイトインテリアを堪能できる。

ちなみにインテリアの主役はシートカバーだが、ホワイトスモークが放つ質感を最大限に楽しむならピラーカバーやグリップカバー、ダッシュボードマットなどといった周辺パーツはマストだろう。
トータルコーディネイトすることによって、インテリアの完成度の高さが高まるだけでなく、スタイリングの高級感までも引き上げてくれる。
ウインドウ越しの存在感をも楽しめるようになるからだ。

高級感あるSUVスタイルでジムニーカスタムへとアプローチしていくなら、迷うことなくオールドレザーの質感が味わい深いプレミアムライン・アンティークデザインSでインテリアイメージを革新すべき。
イチ押しはもちろん新色のホワイトスモークだが、落ち着きを求めるならブラウンやグレーといったカラーチョイスもおおいにありだろう。


フロント、リヤともにシートセンター部にはスッキリとした立体感をもたらすストライブデザインを採用。

ステッチやフチどり、バッチなど細部まで抜かりなく、高級なアンティークソファを感じさせる仕上がりだ。


凛としたオーラを放つホワイトスモークは、ウインドウ越しの光を反射して外側から見てもバツグンの存在感を放つ。

この高級感を最大限に楽しむなら、ピラーカバーなど周辺パーツが欠かせない。

●価格:1列分3万円/2列分4万5000円(税別)
●カラー:ブラック、ブラウン、キャメル、クリームイエロー、ダークブルー、グレー、モスグリーン、ボルドー、ホワイトスモーク

INTERIOR VARIATION


トータルコーデでさらに高める満足度
グレイスが一貫してこだわるのは、シートカバーを主役としたトータルコーディネイト。ヘッドレストポケットやティッシュケースといった実用性重視のアイテムに加え、インテリアとの調和を高めるピラーパネルやハンドルカバーなど豊富なアイテムをラインアップする。インテリアとエクステリアをシンクロさせるタイヤカバーや質感を統一したインテリアのフロアへ、アクセントを添えるフロアマットも要チェックだ。


●ダッシュボードマット


●ハンドルカバー


●サンバイザーカバー


●ピラーパネル


●グリップカバー7本セット


●グリップカバー


●ブーツカバーセット(AT車用)


●シートベルトパッド


●アクセントライン


●ネックパッド


●ウエストパッド


●シートクッション


●ヘッドレストポケット


●ティッシュケース


●タイヤカバー


●フロアマット


●ラゲッジマット

●価格
ダッシュボードマット:1万5000円
ハンドルカバー:3800円
サンバイザーカバー:9000円
ピラーパネル:1万2000円
グリップカバー7点セット:6000円
ブーツカバーセット(MT車用):6000円
ブーツカバーセット(AT車用):8000円
シートベルトパッド:2500円
バックルカバー:2000円
アクセントライン:5000円
ネックパッド:3500円
ウエストパッド:5500円
シートクッション:3000円
ヘッドレストポケット:3000円
ティッシュケース:3000円
タイヤカバー:9000円
フロアマット:2万2000円
ラゲッジマット:2万6000円
※価格はすべて税別です

COLOR VARIATION

カラーチョイスが悩ましくなるアンティークレザーの風合い
今回紹介したホワイトスモーク以外に、プレミアムライン・アンティークデザインSは8色をラインアップ。アンティークレザーの質感を積極的に打ち出すならキャメルやクリームイエローといった淡色系だが、高級感重視ならボルドーやブラックといった濃色系で放つ落ち着きも見逃せない。色合い一つでイメージは大きく変わるので、ボディカラーとのバランスまでしっかりと考慮してチョイスしたい。


●クリームイエロー


●ブラウン


●キャメル


●モスグリーン


●グレー


●ブラック


●ボルドー


●ダークブルー

問:グレイス
電話:072-654-3363
URL:https://grace-cts.com

ハイパーレブ Vol.241 スズキ ・ ジムニー & ジムニーシエラ No.6(2019/12/26)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉カラフルシートカバー! 白、深紅、群青、濃緑、その他イロイロ|内装 カスタム