[PR]

ノブレッセ JB74 ジムニーシエラ エアロ
ノブレッセ JB74 ジムニーシエラ エアロ先行予約開始!

エアロパーツ製作のため、ハイレベル定盤と3次元測定器を導入し、優れたクオリティを追求するノブレッセ。もちろん東京オートサロンで受賞歴があるなど、こだわりのエアロパーツは、ユーザーだけでなく、業界人からの評価も高いです。

さてそのノブレッセ、近年SUVにも積極的ではありますが、実は現行ジムニーシエラも手掛けています。YouTubeの『NOBLESSEチャンネル』をチェックしている人からすれば、意外でも何でもないのかもしれませんが……。

3月上旬時点ではマフラーのみ販売中で、エアロKIT、グリル、アイラインは『先行予約受付中』です。

ですが、気になるジムニーシエラオーナー(とオーナー予備軍)のために、各アイテムを紹介しましょう! まずはエアロKITから。用意されているのはフロントバンパーとサイドステップのふたつ。

フロントバンパーはスチールものを連想させる造形で、両サイドを大胆に切り上げたことで、タフさを見事に印象付けます。

悪路もどんどん入っていけそうな雰囲気ですね! もちろんフェンダーとのバランスも絶妙です。

ワイドのフェンダーを装着した場合僅かに段ができてしまいますが、純正フェンダーなら滑らかな仕上がりになります。

また、LEDデイライトがオプション設定されているので、コレをインストールすると、今風な、街中でも乗りこなせるSUVテイストも主張できそうです(LEDを装着しない方に向け、ステッカータイプの5連反射シートも用意されています)。

サイドステップも、ボリュームアップを狙う時には強い味方になってくれそうです。

特にワイド仕様のフェンダー、無骨なホイール&タイヤが着く場合、もう少しボリュームを足しておきたいトコロですよね。

その時、このノブレッセのサイドステップは重宝しそうです。しかも取り付けも簡単。

純正サイドステップの上から取り付ける方式で、底部の純正ピンも活用するから確実な取り付けができるのも嬉しい。

ちなみに素材は、フロントバンパーともどもABS製。優れたフィッティングで、クオリティ面も自信がありそうですよ!

フロントグリルも、サイドステップ同様に純正の上に被せる方式を採っています。

なので、塗装済み品を購入すれば、すぐさま装着することができます。縦フィンは純正より細くシャープ。この縦フィンにはシルバーシート(オプション設定)が貼り付けられるのですが、シルバーシートのあるなしで個性がかなり変わります。

アイラインは丸いヘッドライトの印象を効果的に変えてくれます。スモールライトの関係から下側に着けることはNGですが、取り付け方の自由度は高いのです。

吊り目仕様にすれば“ワル感”が演出できるし、垂れ目仕様にすればどこか憎めないフェイスになったり……。

あと、センター出し仕様(シングルから3連まで選べる!)のマフラーが既に発売中(タイコ部:8万2500円~、テール部:2万5300円~)であることもお忘れなく!

フロントバンパーは、ウォッシャーノズル非対応の『タイプA』、ウォッシャーノズル対応の『タイプB』の2種類が用意されます。

色はフロントバンパー、サイドステップともに、未塗装の他、艶消しブラック塗装済みもラインアップ。

お値段(予定価格)はフロントバンパーが6万6000円(未塗装)、8万8000円(艶消しブラック)、サイドステップは3万9600円(未塗装)、5万5000円(艶消しブラック)。

グリルは3万3000円(未塗装)、5万600円(単色。艶消しブラックほか3色)、5万5500円(ツートン。3種類)。アイラインは7700円(未塗装)、1万3200円(艶消しブラックほか5色)。

そして今先行予約をすると、特別価格で購入できちゃいます! 現時点では5月完成予定とのことです(前後する可能性もあり、とのこと)。まずは皆さん、ワクワクしながらお待ちください!

ちなみにこのジムニーシエラ、今年の東京オートサロンでも展示されています。その時の様子をチェックしたい方はコチラをご覧ください!

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ_小松ひろ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「吊り目で“ワル感”? 垂れ目で“憎めないフェイス”? アイラインなど先行予約受付中だよ!|JB74 ジムニーシエラ エアロ|ノブレッセ