広く快適でなにより使いやすい
すべてが新たなルークス誕生


NISSAN/ROOX Highway STAR&ROOX
日産/ルークス ハイウェイスター&ルークス 型式 2WD=B44/45 4WD=B47/48


日産 ルークス ハイウェイスター 新車 レポート
フルモデルチェンジされたルークスは、三菱のeKスペースの兄弟車となる軽スーパーハイトワゴン。先代はデイズ・ルークスという車名だったが、本家のデイズを凌ぐ人気があり、新型では独立した。

デイズ同様に新しいプラットフォームやパワートレーンが採用され、居住性や動力性能を向上させているのがポイントだ。

外観デザインは特徴的な顔つきのeKスペースやeKクロススペースとは違い、落ち着きのある日産車らしいデザインに仕上げている。

カスタムモデルのハイウェイスターには、シャープなデザインのLEDヘッドランプを採用することで、精悍な印象を強めた。

インテリアもハイウェイスターには、ブラウン系のモダンな色合いを採用した、プレミアムグラデーションインテリアをオプションで用意している。

ハイウェイスターには車線維持機能付きのアダプティブクルーズコントロールなどが装備されたプロパイロット搭載車を設定。新たにミリ波レーダーを採用したことにより、先行車の1台前を走るクルマも検知できるようになり、デイズよりもスムーズな制御が可能となっている。

ミリ波レーダーを採用したことで夜間走行時の自動ブレーキの性能も向上した。ハイウェイスターには事故時の自動通報に加え、あおり運転や急病などの時もボタンを押すだけで通報してくれるSOSコールや運転席ニーエアバッグを標準装備するなど、軽自動車で最も充実した先進安全装備を揃えている。

「プロパイロットによる先進安全装備と、余裕の4人乗車を実現する今どきなスーパーハイトな軽自動車って【新型車レポート】」の1枚めの画像開放的なインパネまわり。ドアトリム形状も工夫することで、肘まわりのスペースも最大限広くした。ブラック×モカの2トーンがオプションで選べる。

スタイルワゴン2020年4月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「プロパイロットによる先進安全装備と、余裕の4人乗車を実現する今どきなスーパーハイトな軽自動車って【新型車レポート】