ボトムに別体フラップ
リアはあえての攻撃的に


KUHL PREMIUM80V-GT/VOXY
クールプレミアム80GT/ヴォクシー(80系後期)


クール KUHL ヴォクシー 80系 エアロ
クールがこれまで展開してきた80ヴォクシー用エアロは、フロントもリアもハーフタイプ形状のみが設定されていた。が、フロントがシンプルなのだから、リアにはやっぱりマフラーを装着して、もう少しアグレッシブでロワード感をアピールできるエアロが欲しいというリクエストが続々。

そこで新たに開発されたのが、この80V‐GTヴォクシー用エアロキットだ。

フロントとサイドは従来同様、バンパー底面に装着するハーフタイプ形状。が、リアには純正ルックなフルバンパーが用意されていて、このバンパーとアンダーディフューザーという2点構成になっているのが刺激的。

デザイン自体はアルファード&ヴェルファイアのRSGTバンパーと同じ雰囲気となっていて、純正風だけども純正とは明らかに違う、ワンランク上のオーラをまとった造形となる。

このリアのフルバンパー化によって迫力のマフラーも装着でき、それでいてローダウンしても縁石までバックできるような工夫も施されるなど、実用的。

純正エアログレード用のリフレクターが流用できたり、コーナーセンサーにも対応していたり、攻撃力を高めつつ、使い勝手も確保されている。

厚み・出幅を控えバランスを整える

リアのフルバンパーは、高さが純正とまったく同じ。ディフューザーで15~20mmのローダウンとなるが、実用性を損なわないサイズなのも特徴だ。バンパーは純正風だが、ディフューザーはレーシー度バツグン。

クールジャパン 代表取締役 片岡孝裕さん
「フロントがシンプルな分、リアに迫力をという声に応えて開発しました。バンパー自体は純正と同じ高さ。その分ディフューザーで攻撃的に」。

「80系ヴォクシーのリアに純正ルックのリアバンパー! クールが見せるシンプルとアグレッシブの共演」の1枚めの画像リアをフルバンパー+ディフューザーという構 成にしたことで、マフラーも装着できるように。 高い位置への設置でロワード性も確保。

KCV04のサイズにはディープコンケイブも!


デモカーが装着していたのは新モデル、KCV04の20インチ。深いリムと大胆なコンケイブとを両立した作品で、2ピース構造だからインセットはミリ単位でのオーダー式。ヴォクシーにはミドルコンケイブがジャストだが、アルヴェルなどで狙えるディープコンケイブも設定あり。

【PARTS SPECIFICATION】
フロントハーフスポイラー6万5000円(10万円)
サイドディフューザー5万9000円(9万3000円)
リアバンパースポイラー8万3000円(13万8000円)
リアディフューザー5万5000円(8万9000円)
リアウイング7万9000円(10万4000円)
マフラー12万9000円
ホイール/ヴェルズホイールズ・KCV04(19×8.0+20)
タイヤ/ファルケン・アゼニスFK453(215/35-19)
※( )内は塗装済み価格。エアロ素材は表記のSGの他、より強度に優れたHGもあり。

問:クールジャパン 052-693-9893
http://kuhl-japan.com

スタイルワゴン2019年12月号より



[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「80系ヴォクシーのリアに純正ルックのリアバンパー! クールが見せるシンプルとアグレッシブの共演