右足用フットレストキット

K2 GEAR


みなさんはアイサイト使用時に右足をどこに置いていますか? アクセルペダルやブレーキペダルに軽くかけた感じ、ペダル近くのフロアにポンと置くなどが一般的かな?
走行中の状況にもよるが、やはり基本的には万が一の時にすぐにブレーキを踏める位置がベターであろう。
そんな前置きをしつつ、今回紹介するのはK2ギアから新発売される右足用フットレストキットだ。

足元右側の内張りパネルとボルトオンで交換できるFRP製の土台パネルと、アルミ製でヘアライン仕上げのペダルプレートがセットになったアイテムだ。ペダルプレートにはK2 GEARロゴがレーザーで刻印され、別売りの専用シールで自分仕様にスタイルアップすることも可能。インテリアのドレスアップアイテムとしての効果も期待できる。
今回取材したのはプロトタイプだが、リリース開始はこの夏の8月中を予定しているとのこと。さらに進化をしているレヴォーグ専用オリジナルバンパーエアロとともに、スバルのスペシャリストであるK2ギアは要チェックリストに入れておくべし!

右足用フットレストキット

  • 価格:3万4000円(予価)、オプションシールセット2000円
  • 対応:レヴォーグ、WRX S4

ペダルプレートはアルミ削り出しのヘアライン仕上げで高級感抜群。別売りシールなしで使うのもアリ。


アクセントをつけたい別売りの専用シールセット(2000円)。
全4色のカーボンカラーがセットになっている。


純正内張りパネルと交換となる土台部分はFRP製(カーボン製も開発予定)。
純正に合わせて型取りしているのでフィット感も◎。アルミフットプレートが土台にセットされた状態で手元に届く。


取り付け位置や角度などは絶妙な部分を何度もテストをして開発した。


純正の内張りとボルトオンで交換するので、装着後の違和感はほとんどなし。

使い方の一例


写真のようなポジショニングであればカカトを支点として、ブレーキペダルにもアクセルペダルにも足を持って行くことができるハズ。もちろん使い方は自分次第なので、安全第一にいろいろ試行錯誤するのもあり!

K2ギアのオリジナルエアロが、さらに進化


2019年大阪メッセで発表され話題になったK2ギアのオリジナルフロントバンパーエアロ。
その後製品化を進めていく上で、センター開口部の角度やリブの追加、それにあわせた周辺の見直し。さらにコーナー部、グリル開口部、ナンバープレートの台座などの修正をおこない遂にver.2が完成となりそうだ。こちらも8月中のデリバリー開始を予定している。

問:K2ギア
tel.06-6932-7772
URL:http://www.k2k2.jp

スバルスタイルvol.003より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「ありそうでなかった右足用パネル。アイサイト使用時の快適性アップ|レヴォーグ WRX S4 アイサイト カスタム