50ESTIMA VR WHEEL MATCHING

2019モデルで仮想ホイールマッチング

2019年の新作を、今50エスティマに履かせてみたらどんな印象になるのか……? そんな疑問を解決するべく、仮想でホイールマッチングやってみました!雰囲気が変わることに要注目

今回、仮想マッチングのベース車となるのはIV型のアエラス。様々なデザインを受け入れることが可能な普遍性に注目したい。

Lehrmeister/L-F FIRST
レアマイスター/エルエフファースト


V字とU字のスポークを組み合わせることで、個性的な表情を生み出すことができるダブルフェイスデザイン。フローフォーミング製法による軽さと強さも備える。

VERSUS/STRATAGIA Revolve
ベルサス/ストラテジーアリボルブ


強烈なヒネリ感が見た目にもインパクト大な超立体コンケイブが見せ場。ベルサス最先端モデルとして、足元へ躍動感を生み出すのにピッタリな逸品となっている。

Kränze/Maricive
クレンツェ/マリシーブ


クレンツェの代名詞でもある、独特の曲線と曲面を組み合わせた2種類の立体的な5スポークを融合。動きのある表情を生み出すことが可能となっている。

Blikker/01F
ブリッカー/01F


2本で1組のフィンスポークが、気品漂う大人な香り漂う。リムエンドいっぱいまで伸びたスポークが足長感を演出。落ち着いたカラーも魅力的なポイント。

Amistad/REIHEN C010
アミスタット/ライエンC010


コンビフェイスとダブルピアスがホイールのトピックとなるライエンC010。表情豊かな重厚感や、複雑な立体造形が特徴的で、アイキャッチ度を高めている。

LEONHARDIRITT/Balestra
レオンハルト/バレストラ


角度を付けて配置したV 字スポークが、躍動的なディレクションデザインを採用。全周ピアスや3ピースならではの深リムも魅力を感じる新しいレオンハルト。

GNOSIS/CVD
グノーシス/CVD


ワーク初のコンケイブディッシュデザイン。エアホールの細いスポークが躍動的で、斬新なデザインが目を引く。ディスク・リムともにオーダーカラーにも対応。

VENERDi/REVANTO
ヴェネルディ/レヴァント


立体的に処理した曲線基調のV 字スポークが特徴。独特の表情を作り出すヴェネルディの新作。スポークの印象が変わるシルバー系カラーもラインアップ。

※写真の装着ホイールは撮影用のもので、推奨サイズではございません。あくまでも50エスティマⅣ型への装着を予測した編集部の参考数値です。

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【50系エスティマカスタム最前線】連載 #05 お気に入りのホイールを選ぶ! 今年の新作を合成マッチング!