デビューから間もなく10年と、プラドシリーズの中で最長記録更新中の150系は、先々代90系から受け継ぐラウンドボディを有する。
が、先代120系比で全長こそ10㎝延長しているものの、幅はほぼ同格、高さは2㎝低いなど、サイズ感は大きく変わらない。

しかし、マイナーチェンジごとに大胆さと高級感が増しており、120系まではランクルの弟分という印象が強かったものの、150、とくに中期以降はランクルと肩を張れるほどの貫禄があると、評価は高い。

プラットフォームは、120系を継承しているが、ラダーフレーム、トルセンLSDセンターデフの採用、フロント独立、リア車軸の足まわり(一部グレードのリアはエアサス)等、熟成を極める進化を実施。

さらに、オン&オフロードのスタビリティをあげるKDSS、悪路でステアリング操作に集中できるクロールコントロールのほか、トヨタ初となるオフロードでの駆動制御機能マルチテレインセレクト、世界初となる4つのカメラで周囲の状況を適時把握できるマルチテレインモニター等を搭載。

とくに後者2つは、当時はランクル200にも採用されていない機能であるなど、弟子の師匠越えが起こった。

エンジンは2.7L/直4と、4L/V6で発売。ユニット自体はキャリーオーバーだが、チューニングが変わっており、低燃費化と高出力化を促進。V6はハイオクからレギュラーへと変わった。ディーゼルはデビュー当初こそなかったが、中期移行後の2015年に日本市場初搭載となる2.8L/直4ユニットで復活。同時にV6が廃止され現在に至る。

日本市場は5ドアのみ。カスタマイズ人気はクロカン随一といわれ、本家ランクル200をしのぐ。ドレスアップパーツも豊富に選べるベースカーだ。

燃費的には不利となるものの、悪路を走破させる堅牢なボディはラダーフレームあってこそ。初代から続くブレない特徴の1つ。

150変遷史

前期2009.9〜2013.9

V6/4.0Lガソリン 直4/2.7Lガソリン

中期2013.9〜2017.9

V6/4.0Lガソリン 直4/2.7Lガソリン

2015.6

V6廃止、ディーゼルの復活(直4/2.8L)

後期2017.9〜現在

直4/2.8Lディーゼル 直4/2.7Lガソリン

ENGINE

エンジンは全3タイプ注目は復活のディーゼル


①直4/2.7Lガソリン前期〜現行

②V6/4.0Lガソリン前期〜中期

③直4/2.8Lディーゼル中期〜現行

時期により選択肢が異なるものの、エンジンは①直4/2.7L ガソリン、②V6/4.0Lガソリン、③直4/2.8Lディーゼル。前期と中期の途中までは①と②、それ以降は①と③が選べる。注目は③の約7年ぶりに復活したディーゼル。太いトルクは2t 越えの重量ボディに大きなゆとりをもたらす。ミッションは中期途中まで4AT(直4)と5AT(V6)だったが、中期途中から全車一律6ATとなった。

MECHANISM1

トヨタ車初

状況にあわせ悪路走破マルチテレインセレクト

「大きく変わってます! 誕生から約10年・熟成極まるハイテク満載の史上最長モデル|150系 プラド ヒストリー」の1枚めの画像MUD&SAND

悪路走行時にありえるタイヤのスタックや駆動力不足をサポートする、5つのモードを用意。用途にあわせスロットルの特性やトラクションコントロールのブレーキ油圧などを最適化する選択機能が備わる。初登場時の前期からある機能で、当時トヨタ車で初採用。つまり兄貴分のランクルにもない機能が付く。前期では4モードが中期から5モードへ増えている。

MECHANISM2

周囲の状況が判る安心マルチテレインモニター

世界初


ボディに備わる4つのカメラ映像を駆使し、車両周囲の状況を把握できる新機能。死角になりやすい6エリアを、スイッチの切り替えで表示できる。これも登場時、本家ランクルにはなかった機能。これが装備されると、助手席フェンダーミラー前に本来ある補助ミラーが排除されるため、見た目もスッキリ。

カメラ視野のイメージ図

SEAT

乗員優先の3列7人乗り
積載優先の2列5人乗り

シートは3列7人乗り、2列5人乗りから選べる。7人乗りのセカンドシートには135㎜のスライドが備わる。2&3列でのフルフラット化も可能で、空間の利便性も高い(2列と3列ではフラットの仕方が違う)。同じ3列車でもグレードによりサードシートの形状が違う。一部グレードで内蔵されるサイドステップ照明は150になってから。

「大きく変わってます! 誕生から約10年・熟成極まるハイテク満載の史上最長モデル|150系 プラド ヒストリー」の1枚めの画像3列7人乗り

SAFTY

先進安全装備

150系からは安全性も上がり、グリルTマークエンブレム内にミリ波レーダーを搭載できるオプションが登場。衝突の可能性を判断すると警告のほかブレーキを掛ける。後期からは先進安全装備「トヨタセーフティセンス(TSS)」が全車標準装備に。グリルレーダーに加え、フロントガラスの小型カメラで安全を確保。車線逸脱やオートマハイビーム、レーダークルコン(設定可能速度領域/時速50㎞以上)などが備わる。

TSS 全車標準

INTERIOR

上質感向上だけでなく、じつは室内幅も増した

120系比で外装全幅の拡大は僅か1㎝だが、内装全幅では3㎝ワイドに。120系以上に高級路線が強まり、センターパネルやステアリングが前中期と後期では大きく異なる。間接照明色も後期からアンバー→ホワイトへ変更。1列目シートに、蒸れを防ぐ送風ベンチ機能が付くようになったのも後期から。150系からエンジンスタートがボタン式となった。

POWER 3rd SEAT

3列目は電動でシートが格納する

上級グレード限定となる電動格納3列目シートは、スイッチだけでフラットにしまえる便利機能を搭載している。復帰時、ヘッドレストのお越し作業のみ手動だが、それ以外の格納・復帰はすべて電動だ。

わかりますか? 前中後期の違い

いまさら聞けない前・中・後期の見分け方

FRONT FACE


前期

中期

後期

TAIL LENZ


前期

中期

後期

REAR SECTION


前期

中期

後期

スタイルRV VOL.137 ランドクルーザープラドNo.2より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「大きく変わってます! 誕生から約10年・熟成極まるハイテク満載の史上最長モデル|150系 プラド ヒストリー